ゴムの木(ベンガレンシス)の育て方のコツ

ゴムの木の中でも人気品種なベンガレンシスは、美しい樹形のあまり世話をかけ過ぎて枯らしてしまいやすい植物の一つです。そんなベンガレンシスと上手に付き合うコツをご紹介します。

学名・分類 Ficus benghalensis

クワ科フィカス属

寒さ・暑さへの強さ 寒さにやや弱く、暑さに強い
乾燥に対する強さ 比較的強い
病害虫の発生 カイガラムシ、ハダニ
その他の注意点 ゴムの木の中でも成長は遅いタイプ

水のやり方

【設置する環境】 

 耐陰性がある性質ではありますが、日の当たる明るい場所を好みます。生育適温は、20度から30度で、越冬温度は最低8度前後です。

 

【室内で育てる場合】

 カーテンレース越しの明るい場所で育ちます。夏の直射日光以外であれば、直射日光に当てても問題ありません。エアコンの風が直接当たるような場所は避けてください。 

 

【屋外で育てる場合】 

 寒冷時期を除き、春から秋にかけては屋外でも生育可能です。風通しがよく日当たりの良い場所が望ましいです。ただし、夏場は直射日光に当たると葉焼けを起こしますので、直射日光には当たらないが明るさがある場所で管理します。耐陰性はあるので多少明るさが足りなくても、その環境に慣れれば生育します。気温8度を下回る頃、室内に入れます。

 

【設置や移動するときの注意】

 植物全般として、急な環境の変化にストレスを感じやすい生き物です。環境が急に変わるような場所に移動させる際は、明るさや気温に慣らすように徐々に移動させます。

 購入後1ヶ月間は購入店からの設置環境が変わったことで葉を黄色くすることがあります。しかし、これは一時的なストレス反応ですので、変色した葉を取り除いて様子を見てください。

【水のやり方】

 乾燥には比較的強い性質ではありますが、設置する環境や季節によって「水をやりすぎない水のやり方」をしなければなりません。そのためには、土の中の状態を確認しながら水やりを行うと良いです。

 

【確認方法】

 土の中に指の第一関節まで入れてみます。指を抜いたとき、土があまり指に付いてこなければ、乾いている証拠なので水のやり時です。一方で、指に土が付いてくるようであれば、湿っているサインのため、その時は土が乾ききるのを待ちます。

 

【確認の目安】

 春と秋:1週間に1回

 夏:室内の場合は3〜4日に1回、屋外の場合は2〜3日に1回

 冬:3週間〜1ヶ月に1回

 

【室内の場合】

 春から秋は、土の中が乾いていたらたっぷりとやります。特に冷暖房で空気が乾燥しやすい場合は、土の乾きも早いので、土の中の確認する回数を増やして水やりを行います。冬場は、成長が緩慢になる季節ですので水やりは控えめにします。

 

【屋外の場合】

 自然の雨に任せて育ちます。暑い時期は、土の乾きが早いため、土の中の状態を確認する回数を増やして水やりを行います。雨の当たらない軒下などで管理する時は、定期的に土の中の状態を確認します。

 

【水の加減】

 鉢底から水が染み出てくるのを確認できるまでたっぷりとやります。

 

【鉢植えは水切りをしっかりと】

 鉢底から染み出てくるまでたっぷりと水をやった後、しっかりと水切りをします。

 

【タイミング】

 鉢の中がずっと湿っている状態が続くと、根腐れを起こします。次回の水やりのタイミングは、土の中が湿っている状態がほぼ乾きってから行うことが重要なポイントです。冬場の水やりは、日中の温度が上がり始めた時間帯に行うと良いです。

【肥料と病害虫の予防法】

 生育適温内の時期は、2ヶ月に1回を目安に固形タイプの肥料を土に置きます。冬は成長が緩慢になるので肥料は与えません。

 水やりをする前に、ダイアジノン粒剤を土の上に散布しておくとカイガラムシを予防できます。ハダニの予防には、葉に埃がたまらないようこまめに葉を拭いたり、暖かい時期は定期的に葉水をします。

 

 ゴムの木は、ある程度乾いている状態と水を与える状態のメリハリを好みます。土の中の状態を指で確認してから、水やりのタイミングを見計らうことが何よりのコツです。