ディフェンバキアの育て方のコツ

 熱帯地域原産のディフェンバキアにとって、その環境づくりや水やりの方法は意外と難しいと言われています。そんなディフェンバキアを扱うコツをご紹介します。

学名・分類 Dieffenbachia

サトイモ科ディフェンバキア属

主な流通種は、カミーラ、アンナ、セグイネ等

寒さ・暑さへの強さ 寒さに弱いが、暑さに強い
乾燥に対する強さ 根の部分はある程度の乾燥を好み、葉の部分は乾燥に弱い
病害虫の発生 カイガラムシ、ハダニ、アブラムシ、
その他の注意点 ・空気を乾燥させないこと

・葉や茎の切り口はシュウ酸カルシウムという鋭利な結晶を含む樹液が出るため、直接触れないこと

【設置する環境】 

 本来、熱帯地域の樹木の枝や岩の窪み等について自生しているディフェンバキアは、温暖で湿度が割と高く、明るい日陰のような場所を好みます。寒さに弱いことから、室内で育てるほうが望ましいです。

 

【直射日光と強い風に当てない】

 カーテンレース越しの明るい場所で育ちます。直射日光に当てると葉が縮れますので、直射日光の当たらない場所で管理します。また、冷暖房の風が直接当たるような場所も避けます。ディフェンバキアの生育適温は、20度から30度です。

 

【設置するときの注意】

 植物全般として、急な環境の変化にストレスを感じやすい生き物です。環境が急に変わるような場所に移動させる際は、明るさに慣らすように徐々に移動させます。購入後1ヶ月間は購入店からの設置環境が変わったことで葉を黄色くすることがあります。しかし、これは一時的なストレス反応ですので、変色した葉を取り除いて様子を見てください。

【水のやり方】

 特に神経質になる必要はありませんが、秋口から水やりを控えめにすることがポイントです。生育温度の20度から30度の時期は、土の中が乾いていたらたっぷりとやります。特に空気が乾燥した場所や夏の暑い時期は、土の乾きも早いことからこまめに土の中の状態を確認してから、水やりを行うかを判断します。

 

【確認方法】

 土の中に指の第一関節まで入れてみます。指を抜いたとき、土があまり指に付いてこなければ、乾いている証拠なので水のやり時です。一方で、指に土が付いてくるようであれば、湿っているサインのため、その時は土が乾ききるのを待ちます。

 

【確認の目安】

 春と初秋:1週間〜10日に1回

 夏:3〜4日に1回

 中秋から冬:気温を見ながら回数を減らし、最終的に断水する

 

【水の加減】

 鉢底から水が染み出てくるのを確認できるまでたっぷりとやります。

 

【鉢植えは水切りをしっかりと】

 鉢底から染み出てくるまでたっぷりと水をやった後、しっかりと水切りをします。

 

【タイミング】

 湿潤な環境を好みますが鉢の中は乾燥した状態を好みます。水をやり過ぎると、根腐れを起こします。次回の水やりのタイミングは、土の中が湿っている状態からほぼ乾きってからにします。夏場は、日中にかけて気温が上昇するため、レースカーテン越しの窓際に設置していて空調が整えられていたとしても、鉢の中の温度は上昇して根腐れを起こす原因になります。そのため、夏場の水やりは日中の気温が上昇しない夕方に行うほうが望ましいです。

 

【葉水】

 乾燥した空気を嫌いますので、定期的に霧吹きで葉水を行います。葉水が追いつかない場合は、加湿器を湿度50〜60%の設定にして設置するのも良いです。

【肥料】

 生育適温内の時期は、2ヶ月に1回を目安に固形タイプの肥料を土に置きます。秋から冬の時期は、根を傷める原因になりますので肥料は与えません。

【病害虫の予防法】

 水やりをする前に、ダイアジノン粒剤を土の上に散布しておくとカイガラムシを予防できます。ハダニやアブラムシの予防には、葉を柔らかい布で拭いて、暖かい季節は霧吹きで定期的に葉水をします。

 

 葉水で適度な湿度を保ち、気温に注意しながら水やりを控えめに育てることが枯らさないコツです!