ユーカリの育て方のコツ

乾燥に強く頑健なユーカリは、水をやり過ぎて枯らしてしまうことが多いです。水をやる加減が難しい植物なだけに、水やりのコツを中心にご紹介します。

学名・分類 Eucalyptus

フトモモ科ユーカリ属

銀丸葉ユーカリ、ハートユーカリ、レモンユーカリ等

寒さ・暑さへの強さ 耐寒性は品種によって異なり強いものもある

暑さに強い

乾燥に対する強さ 強い
病害虫の発生 斑点病、うどんこ病、ハダニ、クロロシスの発生
その他の注意点 通年、水のやり過ぎに注意し、冬場は土を乾燥気味にする

【設置する環境】 

 一年を通して屋外の良く陽が当たる場所が良いです。しかし、雪や霜に当たる場合は霜除けをするか可能ならば室内に移動します。

 

【屋内で育てる場合の注意点】

 基本的には、屋外向きの植物ですが、どうしても室内で育てる場合は、日当たりの良い窓際に設置します。乾燥した場所を好み、湿度のある場所は嫌いますので、風通しを良くすることにも注意します。しかし、冷暖房が直接当たるような場所は枯らす原因になることから避けます。

 

【設置するときの注意点】

 購入店の設置場所と設置したい場所が異なる場合は、設置したい場所に慣らす必要があります。購入した時が屋外だった場合は、日数をかけて屋内の明るさに慣れるよう設置する位置を移動させながら慣らします。その逆も同様に行います。植物は急な環境の変化にストレスを感じて枯れる場合がありますので、そのようなことを避けるための大切な作業です。

【水のやり方】

【水のやり過ぎに注意】

 乾燥には強く過湿が苦手なことから、常に土が湿った状態が何日も続くと根腐れの原因になります。そのため水やりの頻度は、土の中の状態を確認しながら判断しなければなりません。

 

【土の中の確認方法】

 土の中に少し指を入れてみます。指を抜いたとき、指の腹に土が付いてこなければ、乾いている証拠なので水のやり時です。一方で、指に土が付いてくるようであれば、湿っているサインのため、その時は土が乾ききるのを待ちます。

【確認の目安】

 春と秋:1週間に1回

 夏:3〜4日に1回

 冬:3週間に1回

 

 これは室内の明るい場所で育てる場合の目安です。屋外の場合や風通しの良い場所は土の乾きが早いことから、この目安よりも1〜2日早く確認することをお勧めします。地植えに関しては、自然の雨に任せて大丈夫です。

 

【水の加減】

 土の中が乾いていることを確認できたら、鉢底から水が染み出てくるまでたっぷりとやります。

 

【鉢植えの場合は水切りをしっかり】

 鉢底から染み出てくるまでたっぷりと水をやった後、しっかりと水切りをします。

 

【夏場の室内管理の注意点】

 窓際に鉢植えを設置している場合の水やり後は、夏場の気温上昇や直射日光によって鉢内は蒸れて高温になります。そのことから根腐れを起こしやすくなりますので、夕方から夜の涼しくなる時間帯に水やりを行います。 

【葉のお手入れ】

 葉に埃がたまらないよう、定期的に埃を払い落とします。成長するにつれて下葉がなくなってきたら、一度短く切り戻します。また、通気性を良くするために混み合った葉や枝を切ります。切り落とした茎は挿し木や水差しに利用することができます。

 

【肥料】

 春と秋に1回、固形タイプの肥料を土に置きます。夏の暑い時期や冬の寒い時期は、根を傷める原因になりますので与えません。

【病害虫の予防法】

 斑点病やうどんこ病が発生した場合は、病変部分を取り除いて薬剤を噴霧します。斑点病、うどんこ病、ハダニは薬剤の噴霧である程度予防ができます。クロロシスには鉄錆の屑や火山灰、微量要素補給の粒剤を与えます。

 

 乾燥地帯のオーストラリアが原産のユーカリにとって、水を与える加減に注意して乾燥気味に育てることが一番のポイントです。