人工観葉植物(フェイクグリーン)と光触媒って何?生木と比較したメリットとデメリットは?

人工観葉植物と光触媒

植物には人口観葉植物というものがあります。本物に近く作られており『光触媒加工』を施されているものが多いです。臭いや化学物質などを気にする方から人気を集めています。

光触媒と有機物

光触媒塗料というものがいくつかあります。その中でよく使われる塗料が『酸化チタン』です。酸化チタンには、太陽の光で化学反応を起こして、空気中の有害物質を除去する働きがあります。

分解する物質は、ほとんどの有機物に有効とされています。例えば、ウィルスや雑菌だったり、人体に有害物質なホルムアルデヒドの分解、消臭効果、それと防カビ効果があります。一度塗っておくと毎回薬品を使わなくても、太陽の光だけで消臭効果や除菌効果が長く続くのですごく便利なアイテムです。お世話の手間がないので育てることが苦手な人や忙しくてお世話出来な人に向いています。また、場所を選ばずにどんなお部屋にもマッチしてくれます。

フェイクグリーンのメリット

人工観葉植物は、お手入れをしなくてもいいメリットがあります。人工で作られているために、枯れないところや、水をあげなくていいところ、実際に土を使っていないので手が汚れないところ、また、水をあげないために虫も湧きづらくなります。そして、何といっても汚れをふき取るだけでいいので、お手入れが簡単に出来るところです。

コーティングすることによって、空気清浄効果が発揮されるだけではなく、汚れも付きにくく掃除を簡単に出来るようになります。

空気清浄効果の目安

光触媒の空気清浄効果には、お部屋の大きさ広さなどが関わってきます。効果の目安は以下の通りです。参考にして下さい。

観葉植物の高さが20㎝・・・1畳

観葉植物の高さが50㎝・・・3畳

観葉植物の高さが100~120㎝・・・6畳

観葉植物の高さが170㎝・・・10畳

効果が発揮されるのは、太陽の光にあてることです。つまり紫外線に当てることによって発揮されます。ですが、さすがにずっと同じ所ばかり当てていたら色が変わってしまったりするので時々、光が当たる場所を変えてあげると良いです。

 

フェイクグリーンのデメリット

一般的なお部屋の大きさ6畳ぐらいと考えて、そのお部屋に100~120㎝サイズの人工観葉植物を置こうと思うと約15000円前後になります。ただし、その葉の数や見た目のクオリティーから金額が変わってきます。同じような本物の観葉植物を購入する場合10000円前後で買えます。それほどの差が出てきます。

また、見ている分にはすごくオシャレでお手入れもかからなくて良いのですが、成長することはないので、形を変えた姿が見たいと思う方には不向きかもしれないです。また、種類もそんなに多くないので同じような形しか今のところないです。

人工観葉植物だと、お世話の手間が省けてそれでいて、植物の癒しと空気を綺麗にしてくれる魅力的な所があります。ですが、成長して形をどんどん変えて、比較的安く買える本物の観葉植物の方が育てていくうちに好きになっていくと思うので育ててみるのも良いかと思います。

生木の観葉植物を使うメリット

空気を綺麗に!浄化効果

観葉植物の効果の1つ浄化効果があります。空気を綺麗にしてくれて清潔に保つことができる効果です。

エンプラントとは、植物が有害物質を除去する効果のことを言います。観葉植物は、抗菌ができるだけではなく、ホルムアルデヒドやトリクロロエチレン・キシレンという人体に有害がある物質を吸着して除菌してくれる働きを持っています。ただし、品種によっては効果が違います。この働きを発見したのはNASAです。宇宙環境生命維持装置の開発過程で発見されました。

光合成による酸素率上昇と自然のうるおいをもたらす効果

光合成という言葉は誰でも聞いたことがあると思います。植物の成長にとって欠かせない働きであり、簡単に言うと二酸化炭素を減らし酸素を作り出してくれる効果です。結果、植物がある所だと空気が澄んで綺麗な空気になります。

どの植物にも水が必要ですが、さらに光合成をするためにも水が必要になります。そのかわりに、光合成によって植物から空気中に水分を蒸散してくれます。そのため、お部屋に快適で過ごしやすいうるおいをもたらしてくれます。

雑菌の繁殖を抑制!抗菌効果

この効果を知ってる人は少ないと思います。植物には、フィトケミカルという物質が存在しており、その物質には、カビの胞子やバクテリアの繁殖を抑える効果があります。そのため、観葉植物をお部屋に置くことによって、空気を清潔にすることができます。

模様替えにも抜群!どんなインテリアにも対応できる演出効果

ただ置くだけかもしれないですが、いろいろな形や大きさ、雰囲気などを持っている観葉植物は、どんなお部屋にもマッチして、お部屋の雰囲気をさらに引き立ててくれます。また、DIYなどでオブジェとして飾るなどアイデア次第でどんなお部屋でも演出効果を出してくれます。

また、余談ですが観葉植物の意外な使い方を紹介します。銀行などでよく背の高い観葉植物を見かけると思いますが、もちろん雰囲気の演出や癒しの効果もあるために置いてあるのもありますが、すべて高さが170㎝あるそうです。それは、もし犯罪が起きたときに防犯カメラに映った犯人の身長を判定するための防犯グッズとして使われています。人の記憶は曖昧なところがあり記憶もそんなに持たないので、観葉植物を置くことによって客観的に見れるため、身長を判断しやすくなりますし、お店の雰囲気を損なうことがないため、とても重要な役割をもっています。

リラックス効果

観葉植物には、リラックス効果がすごく期待できます。例えば、緑色の波長は網膜への負担が少ないので、目の疲労の緩和につながります。また、精神安定状態を示すアルファ波が増大するので、筋肉の緊張がほぐれたり、心拍数が落ち着いたりとリラックスした状態になります。さらに、空気洗浄効果やうるおい効果、お部屋の演出効果なども合わせてさらに良い癒し効果が期待されます。

 

観葉植物を育てるのはお手入れなどの労力と引き換えに様々な効果を取り入れることができます。また、様々な品種の観葉植物を育てることによって様々な効果を取り入れるとともに、相乗効果も取り入れられるので一緒に育ててみるのも良いです。観葉植物の嬉しい効果を上手に取り入れてみることから始めてみるのも良いです。