京都府の観葉植物レンタルについて

京都府は近畿地方の都市で、日本海、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、兵庫県、大阪府に隣接した位置にあります。京都市に府庁を置き、京都市、長岡京市、宇治市、木津川市、亀岡市、綾部市、京丹後市などから成り立っています。

過去には長岡京や平安京など日本の首都が置かれていた土地で数多くの国宝や重要文化財が残るため歴史的価値が高く、毎年国内外から多くの訪問客がビジネスや観光目的で訪れています。特に外国人観光客からの人気が高く外国人観光客の日本の旅行先として絶大な人気を誇っています。

散策できるショッピングスポットが多く、カフェなどの飲食店、土産物店でのグリーン利用のほか、宿泊施設、アートギャラリー、MICE関連施設、居住エリアのショップなど幅広い場所でグリーンが利用されています。我々the prime gardenも観葉植物のレンタルのインバウンドトレンドをキャッチアップするために重要視しているエリアです。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

京都エリアでおすすめの観葉植物

京都のホテルや旅館などの宿泊施設で人気の観葉植物

国内でも多くの観光集客数を誇る京都府は外国人からの人気が高く、外国人対応の国際ホテルから、最近では民宿やバックパッカー向けのホステルも大変増えてきています。京都府の宿泊施設は和のイメージのデザインが多く、古い町屋や古民家をリノベーションするなど日本情緒を感じるコンセプトの施設が多いです。

グリーンも和テイストの建物にマッチするものが重視され、特に梅や桜、椿、もみじ、南天といった季節の盆栽はひとつ置くだけでも一気に日本的な雰囲気を盛り上げることができます。ロビーにシンボル的に季節のアレンジフラワーを装飾する演出も人気があります。

京都府を訪れる観光客にとりわけ人気なのが地場産の食材を使ったグルメで、京都府のグルメをホテルでも堪能できるよう、多くのホテルでは和洋中様々な料理を楽しめるレストランを併設しています。ライブキッチン併設のレストランが多く食事を楽しむ雰囲気作りはとりわけ大切にされるようです。

ここでも季節のアレンジフラワーは人気がありホテルらしい華やかな雰囲気を作り出しています。オーガスタやポトスタワーなどもホテルらしい上品なイメージになるためよく使われます。

京都府の観葉植物レンタルについて_1

国際的なホテルでは外国人向けにオシャレなラウンジバーを備えたホテルが多いようです。

ラウンジバーでは高級感のあるきらびやかなアレンジフラワーや、置くだけでオシャレな雰囲気の出るサンスベリア、くつろぎの空間を演出するコルディリネ・ストリクターやテーブルヤシなどが人気を集めています。広めのラウンジバーでは大型のツリーをゆったりと配置した空間演出が好評です。

京都府のホテルで特徴的なのは、ロビーや廊下、大浴場などに中庭があるケースがめずらしくない点です。庭園を見ながらくつろげるような演出は京都府に来たという特別感があり、国内外の観光客に人気のようです。

こうした場合多くの中庭は植栽ですが、庭のスペースが狭い場合などは竹やもみじの大鉢をレンタルして配備するケースもあります。レンタルの場合、庭のトータルコーディネートも含めてグリーンレンタルの業者に任せるケースが多いです。

民宿やホステルでは、コンパクトで邪魔にならず、手軽に和のイメージやオシャレ感を盛り上げられる中鉢やテーブルサイズのグリーンが主流です。ミリオンバンブーやドラセナコンパクターを置くと和モダンな雰囲気にきまります。

京都のカフェやレストランなどの飲食店で人気の観葉植物

京都にはオシャレなカフェや純喫茶など散策時に休憩できる飲食店が多くあります。ブックカフェなどのコンセプトカフェも多く、歴史情緒だけでなく流行や文化の発信地としての顔も持ち合わせています。

京都のカフェは町屋をリノベーションした店が多く、店の個性により利用されるグリーンも様々です。全体的に、木造の壁と相性の良い緑の鮮やかなグリーンが好んで利用されます。ハート型の葉が可愛いフィカス・ウンベラータ、葉形が独特なクッカバラ、柔らかく伸びる葉が美しいドラセナ・ドラコなど複数のグリーンを組み合わせることで、個性的な空間を引き立てるケースが多いです。

特に、形がオシャレなねじりパキラやコウモリラン、葉模様が独特のカラテアマコヤナなどがあると都会的でオシャレな雰囲気が増します。ブックカフェではグリーンの小さい鉢を天井や棚に飾って個性を出したり、ナチュラルな雰囲気を作りくつろげる空間を演出するケースが多いです。

特にピレア・グラウカやアイビー、ポトスといったツタ系グリーンは小物との相性が良く、本や雑貨と一緒に棚に並べツタを垂らすようにすると一気にオシャレな雰囲気を出すことができます。

昭和レトロを感じる純喫茶ではオシャレで個性的な形をしたグリーンよりも、室内で定番のグリーンの方がしっくりくるようです。喫茶室は比較的部屋が広いためポトスタワーやアレカヤシなど、単体で置くことも並べておくこともできる中鉢や大鉢のグリーンを利用すると存在感があります。店先には高い確率でゴールドクレストの姿を見ることができます。

茶屋スタイルの甘味処では庭園を併設した店が多いためか、室内に鉢でグリーンを置くというよりもテーブルサイズでグリーンや季節の花などを飾る演出の方が多いようです。商店街などの狭い店では、店の入り口周辺に鉢でグリーンを配置する姿が多くみられます。

利用されるグリーンは和風のグリーンだけでなく、モンステラやシダ系、コルジリネなどスタンダードな観葉植物を利用するケースも多いです。とはいえやはりヤツデやキンメイモウソウチクなど日本的なイメージのあるグリーンが人気を博しています。ショウブ科のセキショウなどは密集しているとうるさくなってしまいますが、ポイント的に利用することで雰囲気を出すことができます。

京都先斗町エリアの料亭や割烹・レストランで人気の観葉植物

歴史ある建物が多く四季を通して情緒的な風景を楽しむことができる京都では、歴史散策のほかにグルメも京都訪問のお目当てとして人気があります。センスあふれるモダンな建物から威厳ある老舗の構えまで様々なお店がありますが、やはり全体的に日本的な趣を携えたお店が多いです。

昔の香りが残る花街、先斗町には料亭や割烹料理店、レストラン、居酒屋などがひしめいており、それぞれの店の雰囲気づくりとして、季節を感じる寄せ植えがひとつあるだけでも四季を大切にする日本的情緒を感じることができます。利用されるグリーンは店舗のレイアウトにより様々です。

カウンターやテーブル席が主な店では窓際や卓上にミニサイズのグリーンが、個室がある場合は床の間、少し広い店舗の場合は竹などでできた衝立と一緒にディスプレイしたり、廊下などの砂利敷きスペースのディスプレイや坪庭などでグリーンが利用されます。カンノンチクなどの竹系を並べる演出や、繊細で涼し気な印象のトキワシノブなどがよく利用されます。

幹の黒いクロチクも渋い印象で人気です。坪庭的なイメージでのグリーン活用も多く、例えばししおどしなどのインテリアと並べてグリーンを飾ったり、砂利敷きスペースの真ん中に印象的なグリーンをシンボル的に置くだけでも様になります。植栽でなく鉢であれば屋内にも設置ができ、手入れや交換がしやすいといったメリットが大きいため、グリーンレンタルを活用する店舗が多いです。

店内だけではなく店先でも、ディスプレイはもちろん看板やショーケース下のデッドスペースを有効利用するためにグリーンが活用されています。トクサやもみじの鉢を手水鉢などと一緒にディスプレイすれば前を通る人の目を引き足を止めやすくする効果があります。ショーケース下などの狭いスペースにはヘデラなどのツタ系を置くとコンパクトでも寂しい印象になりません。

近年の先斗町では和食だけでなくイタリアンなどのレストランやバーも増え、若者のデートスポットとしても人気があります。こうした洋風の店では歓楽街である花街にふさわしく、上品で華やかなイメージを引き立てるグリーンが好まれるため、利用されるグリーンは圧倒的に寄せ植えのアレンジフラワーが多いです。トロピカルなイメージのグズマニアやストレリチア・レギネ、葉のデザインがカラフルなコリウス、花の連なる姿が美しいコチョウランなどのディスプレイが人気です。

京都四条・三条河原町エリアのショップや商業施設人気の観葉植物

四条・三条河原町には雑貨店が多く、モダンな雑貨を扱うセレクトショップからアンティーク雑貨のショップまで、バリエーション豊かな店が軒を連ねています。京都ならではの和小物を扱っているショップも多くお土産としても人気があります。

雑貨店のショップ作りでは店のコンセプトや扱っている雑貨のイメージを大切にするため、そのショップの個性を引き立てる店内を作るためのインテリアとしてグリーンの活用が浸透しています。

京都府の観葉植物レンタルについて_2

雑貨店でのグリーン利用は日本的なイメージを盛り上げるインテリアとしての和風グリーンの利用だけでなく、オシャレで洗練されたイメージを引き出す目的で使われることも多いようです。モンステラやフランスゴムの木を置くとモダンでスタイリッシュな都会的イメージを作ることができます。ヘデラなどのツタ系はオシャレなセレクト雑貨店では定番でしょう。

フィカス・ベンガレンシスなど樹形がオシャレで可愛らしいグリーンを置けば、昔ながらの和小物もカジュアルで親しみやすい雰囲気になるのでおすすめです。ミニサボテンや多肉植物も老若男女から親しまれるイメージになります。

ミリオンバンブーは和のテイストとカジュアルさを適度に持ち合わせている利用しやすいグリーンです。ミニサイズのものがひとつあるだけでも京都気分を盛り上げることができるので和テイストなショップ作りの際には積極的に活用すると良いでしょう。伝統工芸品にはトクサが相性が良く、少し高級な雰囲気で商品を引き立ててくれます。

京都の病院・クリニックや介護施設・福祉施設人気の観葉植物

京都エリアの豊かな自然や日本的情緒あふれる美しい街並みは老後の居住先としても人気です。京都エリアの病院・介護施設、クリニック、福祉施設の件数は京都市が圧倒的に多く、その次が山城北エリア、中丹エリアと続きます。坪庭や中庭を備えた施設も多く、落ち着いた和風のグリーンコーディネートは見る人にやすらぎを与えます。

カンノンチクは耐陰性があるため、壁に囲まれて日の当たりにくい坪庭でも育てやすいというメリットがあります。また、シュロチクやダイミョウチクなどの竹系とトックリラン、オリヅルランなど葉の長いラン系は相性が良く、組み合わせて利用すると見た目のバランスが良くなります。

室内でのグリーン利用は他の都市と変わらず加湿効果や空気清浄効果の高いオーガスタやアレカヤシの人気が高いです。また、空間を明るくする寄せ植えのアレンジフラワーもよく使われています。テーブルサイズではポトスやガジュマルなど可愛らしい雰囲気のグリーンが好まれています。

京都府の観葉植物レンタルについて_4

京都のイベント等人気の観葉植物

国内の都市の中でも日本的イメージの強い京都は国際的なイベントの会場として選ばれることが少なくありません。日本らしさを感じることのできる和風グリーンは外国人、日本人ともに人気があり、イベント気分を盛り上げるための必須インテリアとなっています。

行われるイベントは美術展、グルメイベント、アパレルブランドの新作発表会、伝統工芸品の展示イベントなど幅広い催し物が行われていますが、全体を通して一番よく利用されるのは季節のグリーンをふんだんに用いた大型のグリーンアレンジでしょう。

特に桜、ひまわり、もみじ、すすき、梅などは日本的なデザインのグリーンインテリアとして使いやすく、アレンジのメインによく利用されます。このほかに、イベントでのスポットレンタルで定番の壁面装飾、オーガスタ、シュロチク、アレカヤシ、シマトネリコなどの利用もコンスタントに見られます。

神社・お寺などで人気のグリーン

数多くある寺社仏閣では観光スポットとして見た目や快適さにも力を入れています。特に境内に併設の茶屋やカフェが増えており、四季に合わせた盆栽などをインテリアとして利用する様子がよく見られます。

美しい庭園のある寺社仏閣では、室内のグリーンも庭の手入れをするのと同じ業者により手がけられることが多いです。お祭りなどのイベントの際にシンボル的に中型から大型の盆栽を飾るなどして参拝者を楽しませるケースもあります。

 

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

京都エリアでのグリーンレンタルのサービス対象エリア

the prime gardenのグリーンレンタルサービス提供エリア

応相談

京都でグリーンレンタルが人気のエリア

京都市エリアでの観葉植物レンタル事例

  • 京都駅の駅ビルや周辺の商業施設(JR京都伊勢丹、ヨドバシカメラマルチメディア京都、京都タワーサンド、近鉄名店街 みやこみち、京都駅ビル専門店街 The CUBE)
  • 京都駅周辺や市内の美術館、ミュージアム(ハリス理化学館同志社ギャラリー、京都文化博物館、相国寺承天閣美術館、京都国際マンガミュージアム、京都市歴史資料館)
  • 商店街の飲食店、土産物店、雑貨店、旅館、ギャラリーなどの各ショップ(伏見大手筋商店街、竜馬通り商店街、伏見稲荷参道商店街、寺町京極商店街、錦市場)
  • 祇園四条駅周辺のデパート(京都高島屋、大丸京都店、藤井大丸、京都マルイ、祇園商店街)
  • 居住エリアのショップやショッピングモール(イオンモールKYOTO)
  • 烏丸御池・三条烏丸のオフィス街や、京都市役所周辺のオフィス
  • 伏見区の福祉施設や医療機関
  • 国宝や重要文化財、神社仏閣などの観光スポット

乙訓エリアでの観葉植物レンタル事例

  • 居住エリアのカフェや福祉施設、スポーツジムなど

相楽エリアでの観葉植物レンタル事例

  • 関西文化学術研究都市圏のショップ、医療機関、金融機関など

山城中部エリアでの観葉植物レンタル事例

  • 居住エリアのショップ、医療機関、金融機関など
  • 世界遺産や文化財などの観光スポット、周辺のショップ

京都中部エリアでの観葉植物レンタル事例

  • 湯の花温泉の宿泊施設
  • イギリス村(ドゥリムトン)内のレストラン、雑貨店、ウェディング
  • 亀岡市の居住エリアのショップ、医療機関、福祉施設など

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

京都エリアでグリーンのレンタルが多い施設

撮影用での観葉植物のスポット短期レンタル

府を挙げての景観保全もされており歴史的景観の多く残る京都では数多くのドラマや映画の撮影地となっています。また、東映京都撮影所や松竹撮影所といった撮影所があり時代劇をはじめ数多くの撮影が行われています。撮影時には小道具としてのグリーンの利用が欠かせないものとなっており、こういった点からも京都府はグリーンのスポットレンタルが多いエリアと言えます

イベントや展示会でのグリーンの短期レンタル

日本を代表する都市のひとつである京都府は、歴史ある街と美しい景観、高いホスピタリティなどが評価され、国際的規模のイベントを行う会場としても好まれる街です。

大規模なコンベンション施設として国立京都国際会館や京都市国際交流会館などが代表的で、この他にも多数のMICE施設を有しています。

館内のインテリアとしてのグリーン利用はもちろん、学会や講演会、セミナー、展示会、物販、商談会など様々なイベントが行われる中でのグリーンのスポットレンタルが多く行われていることも京都でのグリーン利用で特徴的です。

京都府の観葉植物レンタルについて_5

個人宅や文教エリア周辺でのグリーンレンタル

京都府は観光スポットとばかり思われがちですが、交通網が発達しており店が多く治安の良いことなどを理由として居住エリアとしても人気があります。居住エリアとして一番発展しているのは京都市で、京都府の人口の約半分が京都市に集中しています。

また、学問や文化が発展している京都は京都大学や同志社・同志社女子大、立命館大学など大学が多くあり、一人暮らしの学生が多いエリアが散在しているのも特徴です。こうした居住エリアでは商業施設が多く、飲食店や医療機関、金融機関など様々な施設でグリーンが利用されています。

情緒的な景観の多く残る古都京都は、古いものと新しいものの融合をテーマに芸術の街としても注目されています。京都精華大学や京都造形芸術大学といった美大もあり著名なアーティストを輩出してきました。小さなギャラリーが数多くあり、現代的な建物から昔ながらの民家をリノベーションして作られた建物まで様々なタイプがあります。

国際的なアートフェアも開催され、こうしたアートフェアやギャラリーでのグリーン利用が活発に行われています。特徴的なのはアートフェア会場やギャラリーの多くが京都市に集中していることで、こうした観点からも京都市は府内で最もグリーン活用が盛んな地域と言えます。

観葉植物レンタルの見積もりCTA

京都府での観葉植物レンタル・リースのまとめ

  • 京都市は国宝の約20%、重要文化財の約14%が集中しており京都エリアの中でも歴史的価値が高く観光客が多いエリアです。観光スポット周辺には商店街やショップがひしめきグリーンの利用が盛んに行われています。それと併せて京都府の人口の約半分は京都市に集中していると言われるほど京都市は居住エリアとしても人気が高い都市です。これらのことから京都府の中でもとりわけ京都市でグリーンの利用が活発だと言うことができます。
  • 京都エリアで特徴的なのは、古い町屋や古民家などを改装して作られた日本的コンセプトの宿泊施設や飲食店が数多く存在する点です。こうした施設では小さめの庭園を併設していたり建物内に坪庭を備えているケースが多々あり、その多くは植栽ですが、室内のグリーンはレンタルを利用するケースが多いようです。こうした施設でグリーンを飾る際は屏風やまり、折り鶴など和風のアイテムと一緒にディスプレイすることで日本的な雰囲気を大いに盛り上げることができます。また、どんな施設でも四季を感じるグリーンは人気が高く、季節により飾るグリーンを入れ替えられる点からグリーンレンタルが重宝されています。
  • 京都エリアは交通網が発達しており治安が良く、商業施設が多くあることなどから居住エリアとしても人気があります。大学が多いため一人暮らしの学生の多いエリアがあることも特徴です。京都府内の人口は政令指定都市に認定されている京都市が一番多く、ほかのエリアでは宇治市や亀岡市で多くなっています。こうした居住エリアはゆったりと落ち着いた街並みで老人ホームや障がい者支援施設などの福祉施設が多数あります。京都の福祉施設では庭園風の坪庭を備えている施設が多くあり、居心地の良い和風の雰囲気づくりにグリーンが利用されています。

その他エリアで利用される観葉植物レンタル・リース