沖縄県の観葉植物レンタルについて

沖縄県は150 以上の島からなる県で、ほぼ全域が亜熱帯気候であり、一部は熱帯に属している本州とは少し気候環境が異なっているのが特徴です。年間を通して温暖な気候であり、広大なビーチや珊瑚礁を有しており、多くの観光客が日本のみならず海外からも訪れる観光地でもあります。

これら観光が盛んな沖縄県でありますが、気候に恵まれていることから、生物にとって快適な環境が整っており、貴重な動植物が多くいます。例えば、本島北部には山原と呼ばれる森林が広がっており、ヤンバルクイナなどの天然記念物など本州では目にすることが出来ない動物などが生息しています。また、西表島や石垣島などでは、マングローブ林が広がり、イリオモテヤマネコなど貴重な動物も目にすることが出来ます。

こういった自然が多くある環境にあって、沖縄県では、多くのグリーンが商業施設や企業などで活用されています。ここでは、沖縄でよく利用されている観葉植物や場所などをプロの観葉植物専門レンタル店『the prime garden』がご紹介します。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

沖縄エリアでおすすめの観葉植物

沖縄は、都市部では企業や商業施設、飲食店、住居などが、また、郊外にはリゾートホテルや公園など多くの施設があります。

都市開発されていない地域も多くあるので、自然が多く残っているのですが、やはり商業施設や繁華街、企業などでは、緑も少なくなってしまい、少し雑多な印象を残している場所もあります。そういった場所においては、観葉植物を多く設置することで環境面へ配慮したり、施設内の印象を変えたりと様々な工夫が行われています。具体的に、企業やホテルなどにおいてはどのような工夫がされているのでしょうか。

沖縄のオフィスエリアで人気の観葉植物

沖縄は観光業、サービス業、建設業、不動産業などが盛んな特徴があり、本社機能がある会社は少なく、支社や営業所などが多いというのが魏行徳町となります。とはいえ、沖縄のインフラを支える沖縄電力や沖縄セルラー電話、銀行には琉球銀行、沖縄銀行、そのほか小売業を営むサンエーなど多くの会社はあり、特に本庁地区には国や県庁の公的機関が多く立地し、交通機関等を活用すれば、空港からもおおよそ20分程度でアクセスできることから、多くの人が行き交うエリアになっています。

これらエリアにおいては、自然が少ないこともあって、環境面に配慮して会社内に観葉植物を設置する、あるいは本州などから来る人などが会社を訪れることもあるので、ロビーフロアやエントランスエリアなどの景観をより良く見せるために観葉植物を置くなど、色々な工夫がされています。

観葉植物は企業にとってイメージアップが図れるなど良い点もありますが、一方でデメリットもあります。それは、植物の管理費用やメンテナンスをするための人件費など様々なコストが掛かってしまう点です。特に、観葉植物を管理するノウハウを持っていない企業は、専用知識を有する人員を確保するなどの必要を迫られる場合もあるかもしれません。そういったコスト面や管理面を気にして、観葉植物を多く利用することを躊躇う企業もあることでしょう。

沖縄県の観葉植物レンタルについて_1

そういった企業においては、グリーンレンタルサービスを利用することをおすすめします。グリーンレンタルサービスであれば、観葉植物の選定から、設置後のメンテナンス、観葉植物の入れ替えなどをサービス業者が実施します。よって、会社側が観葉植物のメンテナンスを実施することはありませんし、管理者等を雇う必要もありません。このような利点があり、企業がグリーンレンタルサービスを利用する機会が増えています。

では、グリーンレンタルサービスにおいて、どのような観葉植物を会社に設置しているのかをご紹介したいと思います。オフィスに人気がある観葉植物は、ディフェンバキア、アスプレニウム、プテリス、シンゴニューム、オキシカルジューム、フィロンデンドロンなど様々です。これらはオフィスのデスクやワンポイントのインテリアとしてのニーズがある比較的小ぶりな植物、あるいはカラーバリエーションが豊富な植物です。やはり、基本的にはモノトーンの落ち着いた雰囲気となっているオフィス内において、観葉植物がいくつか設置されているだけでも明るく色鮮やかな雰囲気に変化しますので、リフレッシュ効果や視覚効果を狙ったオフィスでの需要があると言うことでしょう。

また、ロビーやエントランスなどでは、アレカヤシやゴムの木、サンスベリアなどのニーズがあります。これらは、空気浄化の効果があることや、加湿の効果も期待できるので、乾燥しがちな空気をよりよく出来るという点と、見た目が映えることもあって、オフィスを訪れた人の会社に対する印象を良くすることにも一役買ってくれる植物です。

また、沖縄ならではの植物であるガジュマルなどを設置することで、本州から沖縄を訪れたビジネスマンなどに沖縄を感じてもらう工夫をしている企業などもあります。その土地の風土や歴史を感じる植物などがあると一層植物の持つ癒し効果などを感じることが出来るかもしれませんね。

沖縄のホテルやレストランなどの飲食店で人気の観葉植物

沖縄は観光資源の魅力が多くあることから県内外から多くの観光客が訪れます。また、県外や国外から訪れる観光客は何泊も沖縄を利用しますので、必然的にホテルの利用が多くなります。沖縄におけるホテルの種類としては、那覇市など都市部と言われる場所にはビジネスホテルが多く、また少し郊外に出て海に近い場所などになるとリゾートホテルが多くなるという特徴があります。これら宿泊施設においてもグリーンレンタルサービスは活用されています。

ホテルが観葉植物を設置するのは、ホテルの雰囲気作りの要素として利用するケースが多くあります。ホテル内の部屋に小ぶりな観葉植物を置く、エントランスにサイズが大きめな観葉植物を置くなどがよく見られるホテルの工夫です。また、設置する観葉植物によって、アジアンテイストなリゾートホテルにもなりますし、南国テイストなリゾートホテルにすることも可能です。ホテルとして目指していきたい方向性の雰囲気を出すことが出来るのです。

沖縄県の観葉植物レンタルについて_3

沖縄に多いリゾートホテルでは、テーブルヤシやセロームなど南国原産の植物をよく目にすることが出来ます。これらもホテル側が植物を育てる、或いは管理することが難しい場合は、グリーンレンタルサービスが活用されている事例です。グリーンレンタルサービスでは、観葉植物の元気がなくなってしまう、少しホテルの雰囲気を変えたいと言った場合でも、観葉植物の取替を行ってもらうことが出来ます。ホテルにとってもグリーンレンタルサービスはなくてはならない存在と言っても過言ではないでしょう。

沖縄県の観葉植物レンタルについて_2

沖縄の商業施設やショッピングセンターやデパートで人気の観葉植物

沖縄は観光客が国内外から数多く訪れるという特徴もあってか、様々な箇所に商業施設やショッピングモールなどがあります。特に観光客が利用する場所としては国際通りに軒を連ねる数々のお土産屋さんや、美浜アメリカンビレッジのファッションショップやグルメスポット、ボーリング、カラオケ施設、大型スーパーなどがある商業施設です。

これらの施設では沖縄という暖かな気候の特徴も活かし、屋外の待ち合わせ場所や、飲食店のテラス席などでグリーンを設置して、涼しさを演出するなどの工夫がされています。屋外に観葉植物を置く場合は、できるだけ強い日差しに耐えることができる観葉植物を選ぶとともに、よしずなどを使って遮光しながら、風通しが良い涼しい場所に置いてあげるなどの注意が必要です。日差しに弱い植物などを長時間、屋外においているとすぐに弱ってしまう場合もあります。

こういった理由から、屋外に設置する観葉植物としてよく利用されているのが、ユッカ・エレファンティペスです。実はユッカは観葉植物の中でもトップを争うほど寒さに強く、冬の屋外でも育てやすい植物で、更に直射日光にも非常に強く日当たりが良い場所でぐんぐん育ち、耐陰性もあるので日陰でも育てることが可能です。場所を選ばず過酷な環境下でも育てやすい植物であることが重宝されている理由の一つですね。

また、お土産屋さんでは、やはり沖縄ならではのお土産を売っている場合が多いですので、店内も自然と沖縄色が出ているインテリアや飾り付けとなっているケースがあります。よって、エキゾチックな雰囲気のある観葉植物が好まれ、沖縄が自生地であるガジュマルやモンステラ、ユッカなどの需要が高くあります。特にガジュマルは「健康」という花言葉も縁起がよく、年齢を問わず多くの人に親しまれるインテリアプランツですので、おすすめです。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

沖縄エリアでのグリーンレンタルのサービス対象エリア

the prime gardenのグリーンレンタルサービス提供エリア

応相談

沖縄でグリーンレンタルが人気のエリア

那覇(本町地区)エリアでの観葉植物レンタル事例

那覇市の本町地区は、国や県庁の公的機関があり、沖縄のビジネスの中心街とも言えるエリアです。金融機関や多くの国内外企業があり、那覇市役所本庁もあります。

    • 壺川駅、旭橋駅、県庁前駅、美栄橋駅、牧志駅、おもろまち駅、古島駅などのモノレール駅構内。
    • 壷川や楚辺などの閑静な住宅街に立ち並ぶ団地やマンションがある区域。
    • 沖縄都市モノレール旭橋駅と那覇バスターミナルが立地している特性から、交通の利便性が最も高く、都市機能が充実している旭橋エリアにある商業施設や宿泊施設。
    • 住宅展示場、モデルルームなどがある区域
    • 那覇市役所などの施設やビルがあるエリアにおいては、多くの企業ビルでグリーンを利用した環境改善への取り組みが行われています。
    • 沖縄県庁や那覇市役所にも近く、金融機関や放送局などが立地するオフィス街で、沖縄県の経済の中心地となっている久茂地エリア。市民劇場、事務所及び百貨店等の都市的情報機能を持つエリアでもあり、イベントが多く執り行われることからイベントの種類に応じた観葉植物のレンタルが人気です。
    • 国際通り・繁華街などにある美栄橋エリア。国際通りでは数多くの商店が軒を連ねており、個々のショップの個性や雰囲気に合わせた大小様々の観葉植物を設置しています。
    • 沖縄県那覇市の北部に位置する再開発地区に位置したおもろまちエリア。サンエー那覇メインプレイスやCARGOESなどの大型ショッピングセンターのある区域。

那覇(小禄地区)エリアでの観葉植物レンタル事例

小禄地区は、那覇空港を擁している地区であり、沖縄県の空の玄関としての役割を持っています。また、金城地区は、米軍施設の跡地利用開発により、ショッピングセンターなどが立ち並び、住宅街としても整備されています

    • 那覇空港駅、赤嶺駅、小禄駅、奥之山公園駅などのモノレール駅構内。
    • アクロスプラザ小禄、イオン那覇店、ザ・ビッグエクスプレス小禄店などの商業施設やショッピングセンターなどがある区域。

那覇(真和志地区)エリアでの観葉植物レンタル事例

真和志地区エリアは沖縄大学、沖縄女子短期大学、沖縄県立看護大学などの大学があり、また私立高校も3校あるなど、学校が集中しているエリアです。

    • 県立図書館、那覇警察署、那覇市民会館、那覇市民体育館などの公共施設がある区域。
    • 安里駅、おもろ町駅、古島駅、市立病院前駅などのモノレール駅構内。

那覇(首里地区)エリアでの観葉植物レンタル事例

首里地区エリアは世界遺産の首里城や、玉陵、園比屋武御嶽など歴史的に重要な遺産が存在し、金城町石畳道や歴史あるお寺など、観光地としても有名なエリアです。

    • 儀保駅、首里駅などのモノレール駅構内。
    • 首里駅周辺にある瀬長島ウミカジテラス、おきなわ屋などのお土産店、小さな神社、沖縄料理店、昔ながらの茶屋、大学の近くにある学生向けのカジュアルなバーやカフェなどの商業施設がある区域。

沖縄本島エリアでの観葉植物レンタル事例

沖縄本島エリアは、名護市、沖縄市、うるま市、宜野湾市、那覇市、糸満市などを擁しているエリアで、温暖な気候や、様々な観光施設が多くの人を魅了し、国内外問わず数多くの観光客が訪れる日本でも屈指の観光地です。

    • ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館、恩納ガラス工房、沖縄美ら海水族館、オリオンハッピーパークなど観光施設がある区域。
    • ザ・ブセナテラス、シギラベイサイドスイートアラマンダ、ハレクラニ沖縄、ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ、ハイアットリージェンシー、ザ・テラスクラブアットブセナなどのリゾートホテルや、沖縄ホテルコンチネンタル、ホテルリブマックス那覇、ホテルマリンウェスト那覇、ビジネスホテルオンワード神原などのビジネスホテル。
    • おきなわワールド、琉球村、やちむんの里、美浜タウンリゾート アメリカンビレッジ、もとぶ元気村、ナゴパイナップルパークなどのテーマパークやショッピング施設、またその周辺にあるレストラン。

離島エリアでの観葉植物レンタル事例

沖縄県には宮古島、石垣島や西表島など多くの離島があり、与那覇前浜ビーチや吉野海岸、砂山ビーチなど白い砂浜やシュノーケリングポイントとして人気の場所もあり、沖縄本島同様、数多くの観光客が訪れるエリアです。

    • 宮古島にあるみやこ下地島空港、雪塩ミュージアム、島の駅みやこなどの観光施設や商業施設のある区域。
    • 石垣島にあるバンナ公園展望台やVERA石垣島観測局、十八番街などの観光施設や繁華街にあるレストランなどがある区域。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

沖縄エリアでグリーンのレンタルが多い施設

沖縄は、観光客が多く利用する土地柄からか、グリーンを多く使って観光客に楽しんでもらおうという意識もあり、オフィスや病院、飲食店、商業施設に至る多くの場所で観光植物が利用されています。やはり、観光客には1度訪れるだけではなく、出来るだけリピートしてもらう必要があります。過ごしやすく、居心地の良い雰囲気を作るために観葉植物が一役買っていると言えそうです。

しかしながら、観葉植物を育てるというのは簡単に出来ることではありませんし、特に沖縄のように年中温暖な気候の場所においては、どのように植物を管理していくのが良いのかわからないケースもあるでしょう。

沖縄県の観葉植物レンタルについて_4

 

そこで役立つのがグリーンレンタルサービスです。グリーンレンタルサービスでは、植物の管理はもちろんですが、植物の選定から作業を依頼することも出来ます。置く場所や、日の当たり具合によっても、選択肢となる植物は幅がありますので、条件に沿って観葉植物を選んでもらえるのは、植物の知識がない場合には非常に重宝することでしょう。また、せっかく設置した観葉植物が弱ってしまう、或いは季節によって植物を入れ替えたいというニーズがあった場合にも、グリーンレンタルサービスであれば要望に応えてもらうことが可能です。

個々の家庭などでも購入するまではなかなか踏ん切りがつかないけど、少しお手軽な気持ちで観葉植物を利用してみたいという場合でも、グリーンレンタルサービスを活用することが出来ますので、是非ご利用してみて下さい。

観葉植物レンタルの見積もりCTA

沖縄県での観葉植物レンタル・リースのまとめ

ここでは、沖縄エリアに置いて観葉植物が多く使われている場所、施設などについてご紹介しました。

沖縄は、美しい海や空が広がり、自然も多くあるというイメージですが、都市部では再開発などもあり少しずつ緑の姿も少なくなってきており、景観づくりの一環としても観葉植物が活用されているようです。

しかしながら、観葉植物を利用したいと考えていても、なかなか購入後の管理のことまで考えると、手が出ないという方も多いことと思います。観葉植物のような緑に囲まれた生活を送ることで、涼しさを感じたりリフレッシュ感が出たりとメリットが多いことも事実です。グリーンレンタルサービスであれば、よりお手軽に観葉植物を利用することが出来ますので、ぜひ観葉植物に興味がある場合は、グリーンレンタルサービスを利用してみて下さい。

その他エリアで利用される観葉植物レンタル・リース