観葉植物レンタル・リースの病院・介護施設設置事例

観葉植物は、その名の通り観賞するための植物のことです。しかし、観葉植物は、観賞するだけのものではありません。

 

観葉植物は、空間を無機質なものから 爽やかな雰囲気に変化させたり、自然というもので人々の心を落ち着かせることができます。

 

病院などに 観葉植物が 設置されていても、まじまじと その植物をみることは、あまりないのではないでしょうか。ショッピングセンターの観葉植物のオブジェなどは、観葉植物が主役ですが、病院などでは、脇役にまわっています。人々が気づかぬうちに 『安らぎ』などを与えてくれているのです。

 

空間のデザインによって 植物の種類によって さまざまですが、小さめの観葉植物を設置した場合、派手ではないからこそ、存在感があまりないからこそ、柔らかい雰囲気を演出することができます。

大きめの観葉植物を設置した場合は、存在感はあるけれど、植物であるから、威圧感がなく ナチュラルに その場所に馴染んでいるでしょう。

植物のグリーンは、違和感なく 空間にとけこむ色なのです。

 

観葉植物と聞くと、園芸好きな人だけのものであるイメージも しますが、そんなことはありません。家に観葉植物がなくても、知らず識らずのうちに、歯医者やクリックなどで観葉植物のある空間を過ごしているのではないでしょうか。意外と、人々の身近に観葉植物は あります。

 

観葉植物を扱うグリーンコーディネーターというお仕事があります。病院やクリニックや介護施設などで、『どのような空間にしたいか。』『どのようなイメージを持って欲しいか。』などを注文された方と話し合い、観葉植物で 理想の空間をつくるお仕事です。

 

園芸好きでなくても、グリーンコーディネーターの方に頼んだり、リース業者から植物レンタルを利用することで、気軽に 観葉植物のある空間を楽しむことができます。ゆっくりとした時間の流れる、緑のある生活を過ごしてみては、いかがでしょうか。

病院・クリニック・介護施設で観葉植物を設置するポイント

はじめに、病院・クリニック・介護施設で観葉植物を設置するポイントについて説明します。

病院・クリニック・介護施設で緑が設置されやすい場所

 

病院・クリニック・介護施設では、エントランス・フロント(受付)・待合室・お手洗いなどに設置されています。

 

患者さんなどが、訪れる時に、一番はじめに目に入るのはフロントです。フロントに、お手入れされた植物があることで、清潔なイメージを持ってもらうことができるでしょう。

患者さんは、はじめてその施設を訪れる際に、エントランスに枯れた植物があると、入りにくさを感じます。反対に、頻繁にお手入れされている植物を見ることで、入りやすくなるでしょう。小さなことですが、このような事も 信頼に繋がるので、きちんとした施設だと認識してもらうために、花壇の花や植木などをお手入れすることは大切なことです。

 

患者さんの滞在時間が長めの待合室は、患者さんに気持ちよく過ごしていただくためにも、空間づくりが大切です。

自分で、空間をコーディネートすることが苦手な場合は、グリーンコーディネーターや植物のリース業者と一緒に、空間のデザインを考えることもよいでしょう。

 

お手洗いに、小さめのサボテンが飾られているのを、よく見かけます。

お手洗いが清潔で明るい印象だと、その施設が、隅々まで清潔に保たれていると感じます。

細部までこだわっていることは、患者さんに、必ず伝わります。

 

病院・クリニック・介護施設で植物を設置するときに気をつけるポイント

植物を設置する際には、2つのポイントがあります。

 

1つ目は、空間全体のバランスがポイントです。

・邪魔になっていないか。

・空間に対して植物の大きさは、ちょうどいいか どうか。

・患者さんはこの空間で、違和感なく過ごせるかどうか。

 

主観的にも、客観的にも 考える必要があります。

 

風水にこだわっている方は、風水の観点ではどうなのか ということも、植物を設置する際のポイントです。

 

2つ目は、植物が生きやすい環境かどうかがポイントです。

人間にとって快適な環境でも、植物にとっては 不快な環境であることが多いです。

だからといって、植物園ではないので、植物のための環境を作ることはできません。

 

だけれども、その植物にとって、より心地よい環境を考え、日のあたり具合 風通しのよい場所に設置するなど できることはあります。

 

観葉植物は、人間と共存しているからこそ、

人間が 面倒をみる ということが必要です。

 

それぞれの植物の特徴、快適な環境について知り、できるだけ植物の居心地がよい環境を用意しましょう。

 

病院・クリニック・介護施設で観葉植物を利用するメリット

次に、病院・クリニック・介護施設で観葉植物を利用するメリットについて説明します。

グリーンが与える影響

毎日掃除され清潔が保たれている空間に、

観葉植物を置くと、より明るく・より清潔に感じてもらうことができます。

 

手入れの行き届いた植物をみると、隅々までスタッフの意識が及んでいると分かります。

必ずしも、そういうわけではありませんが、

精神的な余裕がなければ、明るく清潔な空間を保つことはできません。

また、経済的な余裕も必要です。

例えば、病院・老人ホーム・診療所・歯医者などで、

施設のエントランスの花壇に 手入れをしていないことが一目で分かるくらいに、たくさん草が生えていたとしたら、この施設で治療をするのは 不安だな という気持ちになってしまいます。

 

訪れる方は、整った花壇の花や植木、観葉植物を通して、

『施設の意識の高さ』『経済的な余裕』などを

感じ取っているのです。

 

観葉植物がなくても、明るく清潔な空間をつくることはできます。明るく清潔な空間であれば、どの空間も素敵です。

 

そのうえで、観葉植物を設置すると、明るく清潔な空間に彩りをもたらします。グリーンの色合いは、若々しくエネルギッシュです。季節によって、葉の色などが変化する観葉植物も良いでしょう。

病院・クリニック・介護施設で観葉植物のレンタルを活用する

次に、病院・クリニック・介護施設で観葉植物のレンタルを利用するメリットとデメリットを3つずつ説明します。

病院・クリニック・介護施設で観葉植物のレンタルを利用するメリット

1つ目は、植物の知識がなくても、気軽に観葉植物を身近に置くことができることです。

自分で育てるとなると、ハードルが上がります。しかし、植物レンタル業者からリース植物を借りると、プロが定期的に点検をしてくれるので、チャレンジしやすいでしょう。

 

2つ目は、管理の手間がかからないことです。

先ほど述べたように、リース植物を借りた場合は定期点検をしてもらうことができます。

せっかく観葉植物を設置したにもかかわらず、葉にホコリが溜まっていては、台無しになってしまいます。葉についたホコリをはらったり、水をあげたり、必要なことは、全てリース業者にやってもらうことができます。植物の病気などにも、対応してくれます。

 

3つ目は、観賞植物を使い理想の空間を演出してもらえることです。

自分はセンスがないと感じている方は、空間のデザインを依頼するという面で、リース業者を利用するのも、一つの手段です。プロの方と相談しながら、理想の空間をつくることができます。

清潔な空間に観葉植物を設置することで、よりオリジナルな空間をつくることができるでしょう。

病院・クリニック・介護施設で観葉植物のレンタルを利用するデメリット

1つ目は、維持費がかかるということです。

ホームセンターに行けば、安く見栄えもよい観葉植物を買うことができます。

そこまでの手間をかけずに育てることができる小さめの植物もあります。

 

2つ目は、レンタル業者が定期的に点検をするために出入りをするということです。

日中の混んでいる時間帯などは、他の方の迷惑になってしまうでしょう。

早朝や夜中にも定期点検をしてくれる業者はあります。しかし、早朝や夜中に、レンタル業者のために、朝早く出勤したり、夜遅くまで残っているというのは 負担になるでしょう。

 

3つ目は、目に見える効果ではないということです。

レンタル業者に依頼し、観葉植物を設置することで、施設側は より理想の空間をデザインすることができます。しかし、その効果は目に見えるものではありません。

観葉植物を設置してなくても、よく掃除されていて清潔な空間であれば、患者さんは 居心地よく過ごすことができます。

病院・クリニック・介護施設で観葉植物をレンタルする場合の予算

最後に、病院・クリニック・介護施設で観葉植物をレンタルする場合の予算について説明します。

一般的な観葉植物レンタルの料金相場

 

特大鉢(H2m~) 大鉢(H1.5m~) 中鉢(H80cm~) 小鉢(H20cm~)
3500~5500円 2000~3000円 1300~1800円 500~1000円

 

業者によって値段はピンキリです。

例えば、月額合計5000円以上で月2回のメンテナスという業者もあります。

メンテナンスの料金も、比較する必要があります。

 

鉢の種類は『スタンダードタイプ』と『豪華なタイプ』があり、

それぞれ値段が異なります。

エントランスは 丈夫な鉢を設置し、室内では スタンダードタイプを設置するのもよいのかもしれません。

 

病院・クリニック・介護施設に植物を設置した場合のモデルプランと月額レンタル価格

 

施設の規模により、料金は異なります。

 

小規模な施設は、エントランス・受付・フロントなどに設置(3鉢〜)で月額5000円〜です。

中規模な施設は、その3つに加え、待合室、トイレなどに設置(5鉢〜)で月額15000円〜です。

大規模な施設は、その5つに加え、通路、その他の部屋などに設置で月額40000円〜です。

 

見積もりを無料で行ってくれる業者が多いです。

実際に見積もりをしてもらいましょう。

 

少し勇気が必要ですが、個人経営のグリーンコーディネーターさんにお願いするものおすすめです。料金は高くなってしまいますが、1つ1つの要望に丁寧に こたえてくれるでしょう。

 

【あとがき】

施設の外観の印象は、信頼にも影響してきます。

病院などは 命を扱う施設です。

病院の医者や施設を信頼していないならば、診断を受けに行くことはしません。

 

花壇の花や植木だけが 施設の外観ではなく、

蜘蛛の巣を取ったり、窓の掃除などをしっかりすることが信頼に繋がります。

 

ある歯医者では、エントランスに花壇いっぱいの花が植えられています。朝方、車で通りかかると、そのクリニックの院長が水をあげていました。愛情いっぱいに育てられた花は美しく咲いています。小さな頃から通っていたクリニックで、もともと信頼をしていましたが、より一層信頼するようになりました。

また、そのクリニックでは白を基調としたデザインで観葉植物は小さめのものが玄関、受付に置かれています。センスの良さ、清潔さを感じました。

『神は細部に宿る』と言われるように、ディティールにこだわることは大事であるようです。

他の施設との差別化という面でも、細かいところまで、掃除などを行き届かせたりすることが重要です。

 

もしも、せっかく施設に花壇があるけれど手入れをする暇がない場合や、手入れができない場合で、そのことについて少しでも『何とかしないとな。』と感じているのなら、業者に頼んでみることをおすすめします。『何とかしないとな。』と思っているのは、ディティールにこだわっている証拠です。自分でできないことを業者に任せると、また別の発見や景色をみることができるでしょう。また、業者に依頼するとプロ(専門家)の知識や技術に驚かされます。

植物が与えてくれる『安らぎ』と、反対のもののような気もしますが、プロの技術を目の当たりにすることで、気が引き締まります。業者によって、専門性や意識は 異なるので、親身になってこちらの要望を受け入れてくれるグリーンコーディネーターの方と出会いたいものです。

 

小規模で個人経営しているグリーンコーディネーターや、リース業者もあります。

空間のデザインなどは、その方たち1人1人のセンスも関係してきます。

依頼するときは、過去の事例などを見せてもらうといいでしょう。

 

植物は、人間と同じ命あるものです。

だからこそ、植物があるだけで、生き生きとした空気が流れている気がするのかもしれません。

 

観葉植物にとって、人間の空間は居心地の良い場所ではありません。本来いるべきではない場所ににいることは、ストレスがかかります。枯れるのも早くなるでしょう。

 

土や水や肥料などを使ったり、枯れた葉を取り除いたり、、、

人間が手間をかけることで、人間にとっての快適な空間でも生きることができます。

 

植物を自分で育てると愛着が湧きます。リース業者から借りるのとでは、異なる醍醐味を味わうことができるでしょう。

手入れが大変と感じるのならば、リース業者からレンタルするのもいいでしょう。

 

植物をみることや、植物のある空気を感じることは、心を落ち着かせてくれます。

観葉植物だけでなく、花壇の花、飾られてる花、植木なども、人々を柔らかい気持ちにさせてくれます。緑のある日常は、ふと、立ち止まるきっかけをもたらしてくれます。

 

気が向いたら、外出した時などに観葉植物や花壇の花をみてみてください。

手入れをしている人の愛情や技術、植物がその空間でもたらす雰囲気を感じることができるでしょう。