観葉植物レンタル・リースの美容室・サロン設置事例

観葉植物についてどのようなイメージを持っていますか。観葉植物にはいろいろな種類があります。大型のプランターに入ったものだけでなく、トイレで見かける小さなサボテンのようなミニプランツや、テラリウムと呼ばれる透明なガラスの中で植物を育てものもあります

同様に鉢の素材・デザインもさまざまなものがあります。観葉植物のレンタル業者でも、取り扱っている鉢の素材・デザインが業者によって異なるので、カタログを見比べてみるのもよいと思いますい。

こうした観葉植物などを用いて、美容室やサロンなどでお客様が穏やかな気持ちで「ここの空間いいね。」と感じてもらえる空間をつくっていくコツを観葉植物レンタルの『the prime garden』が解説いたします。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

目次

美容室・サロンで観葉植物がよく設置されるオススメの場所

はじめに、美容室・サロンで観葉植物を設置するポイントについて説明します。

まず、美容室・サロンで観葉植物が設置されやす場所は、エントランス・お手洗い・お客様が待つ際のソファ周辺・大型ミラーの隣 などです。

また、窓際にたくさんミニプランツを並べたり、テラリウムを壁に掛けたりするのも よいでしょう。植物が お店の雰囲気とマッチしている場合は、植物をたくさん並べた植物棚をつくるのも素敵です。

観葉植物レンタル・リースの美容室・サロン設置事例33

そして、美容院やサロンのエントランスは、お客様が一番最初に お店の雰囲気を感じ取る場所です。海外風の外観だったり、和風な外観だったり。建物の外観の雰囲気をより活かすような観葉植物の植木を選ぶのがよいでしょう。緑でも、植物の植木によって さまざまな色があります。絶妙に違う緑を見てみてください。

お手洗いは、小さめの観葉植物がおすすめです。空間が広めのお手洗いは別ですが 空間が小さめのお手洗いは、大きな観葉植物を設置してしまうと 邪魔になってしまいます。コンパクトなものがよいでしょう。

美容室・サロンで お客様が待つために座るソファの周辺に設置する場合は、お客様のリラックスを植物たちがお手伝いすることもできます。しかし、植物の花粉などのアレルギーを持っている お客様もいるので 注意しましょう。

大型ミラーの隣は、観葉植物がよく設置されています。背の低めの植木を設置するのも、高めの植木を設置するのもよいでしょう。観葉植物を設置せずに スッキリさせるのも、素敵です。設置してある方がいいのか、しない方がいいのか、美容室やサロンの雰囲気に合わせて よりよい方を選択しましょう。

観葉植物レンタル・リースの美容室・サロン設置事例1

美容室・サロンで個性が出せる観葉植物の設置方法

具体的な事例を2つ紹介します。

まず1つ目は、窓際に サボテンのような小さな植木と小さな鉢をぎっしりと並べるというものです。

ミニチュアのような植木と鉢が とても可愛らしく思えます。ミニプランツを飾っていると視野がいつもより、いい意味で狭くなります。人それぞれですが、普段気づかない所まで 見るようになるので 角のホコリなどにも気がつくことが できるのではないでしょうか。

店舗全体をホワイトで統一していて 緑を入れたくない場合は、緑の面積が小さいミニプランツがおすすめです。

2つ目は、テラリウムを壁に掛けるというものです。

テラリウムを飾っている美容室・サロンは、多くはありません。お客様も、めずらしいなと感じるのではないでしょうか。「テラリウム 綺麗だな。」と感じた方は、ぜひ 挑戦してみてください。

なおテラリウムは、手作りすると より自分好みのものが出来上がります。図書館などに テラリウムのつくり方 の本もあるので、つくらずに まず本だけを見てみるのもよいでしょう。

美容室・サロンで植物を設置するときに気をつけるポイント

生育環境に合ったグリーンを選ぶ

美容室・サロンで植物を設置するときに気をつけるポイントの1つ目は、どこに置いて育てたいかを考えてから 植物の種類を決めるということです。植物が長い間生育できるように、置きたい場所の環境にあった植物を選びましょう。

花粉やアレルギーに注意して観葉植物を設置する

美容室・サロンで お客様が待つ場所などでは、植物の花粉などに注意を払うということです。植物を選ぶ際には、その植物の花粉などの情報も知っておきましょう。ホームセンターなどで、専門の方がいれば 花粉の情報などを教えてもらうこともできます。リース業者から植物をレンタルする場合も、教えてもらえるでしょう。

きちんとグリーンのメンテナンスをして美観を保つ

きちんと観葉植物のお世話をしなければ植物は枯れてしまいます。植木が病気になってしまったり、水を必要な時に取り替えなかったりすると、匂いが発生したりしてしまいます。せっかく、清潔な店内に植物を設置していても 植物にまで配慮することができなければ、植物から悪臭が発生してしまいます。

こ購入する段階で、水やりがどれくらいの頻度で必要なのか などの育て方を把握しておきましょう。リース業者から植物をレンタルする場合は、そのような管理をしてくれます。お世話に不安がある方は、リース業者から植物をレンタルするのも よいのではないでしょうか。

観葉植物レンタルの見積もりCTA

美容室・サロンで観葉植物を利用するメリットと効果

人の目に優しいグリーンはリラックスと落ち着きをもたらす

グリーンという色は、目に優しい色です。スパ・ヘアサロン・エステなどで、施術前の待ち時間に 目に優しい色がある空間で過ごすことで より施術の効果が高まるのでは ないでしょうか。

美容室やサロンでは施術の技術が確かなものであることを覚えてもらうことも大事ですが、これにプラスして、空間の心地よさも覚えてもらうと リピート率も高まるでしょう。施術だけでなく、空間の雰囲気や お店の方の雰囲気など 総合的な評価が重要です。

観葉植物レンタル・リースの美容室・サロン設置事例3

生の植物は店舗の中に自然の空間を作り出す

グリーンといいますと、本物の植物ではなくても よく100円ショップにあるようなフェイクグリーンと呼ばれるものもあります。緑という色の影響だけを考えるならば、フェイクグリーンで 十分なようです。お世話をする必要もありません。

しかし、本物の植物と作り物とでは やはり存在感が異なります。生きている植物の場合は、空気をきれいにすることができます。視覚的にも、生きている植物の方が 心地よいのではないでしょうか。設置環境の暗さなどによっては、フェイクグリーンと観葉植物どちらも組み合わせて使うことをおすすめします。

美容室・サロンで観葉植物のレンタルを活用するメリットとデメリット

次に、美容室・サロンで観葉植物のレンタルを活用するメリット・デメリットを3つずつ説明します。

美容室・サロンで観葉植物のレンタル・リースを使うメリット

植物の選び方がわからなくても設置環境に合ったものを選んでもらえる

やはり最もレンタルが利用されるニーズとして大きいのは、業者が枯れにくい植物を選んでくれるということです。「美容室・サロン・エステなどに観葉植物を置いてみたいけれど 植物のことをぜんぜん知らなくてチャレンジしにくいなぁ」という方は、リース業者に依頼することで 気軽に設置することができます。

植物のプロの方は、植物と光(照明)の関係などの知識も持っています。美容室・サロンの照明でも、育ちやすい植物を選んでもらうのがよいでしょう。

植物レンタル業者により異なりますが、国芸装飾技能の資格を持っている方もいます。初めてリース業者を利用する際には、資格があるかで信頼できるかどうかを見極めるのもいいでしょう。資格があると、その業者の方や担当者の方に安心して任せられます。資格だけでなく 過去の実績などでも、信頼できるかどうかを見極めることが重要です。

植物の維持・管理の手間が省けるので仕事に集中できる

レンタル業者に外注することで、自分の仕事に集中できる点も大事です。掃除をした後に 観葉植物の水やりなどのお世話をすると考えると、そこまでの時間はかかりません。しかし、スパ・ヘアサロン・エステなどで 少人数しか従業員がいなく 手がまわらない場合は、観葉植物のみ業者に任せるというのもよいのではないでしょうか。

ここで大切なポイントは 観葉植物をリース業者からレンタルすることで、別の仕事ができるようになり、効率性や利益が上がるかどうかということです。美容室・サロンなどで観葉植物のお世話を自分たちでやるよりも、外注する方が利益が上がる場合は外注する方がいいでしょう。

観葉植物レンタル・リースの美容室・サロン設置事例5

グリーンをつかったデザインやコーディネートの経験が豊富

3つ目は、自分たちでは思いつかないようなユニークな空間のデザインをつくってもらえることです。清潔でシンプルな空間デザインがいい場合も、観葉植物を使うことで そのような空間をつくってもらうこともできます。しかし清潔でシンプルな空間は 自分でつくることも可能でしょう。高いお金をかけてまで やる必要はないのではないかとも思えます。

一方、清潔でシンプルという理想ではなく、例えば 植物をたくさん使ったデザインというのが理想の場合は、色彩や植物の種類、空間デザインの知識や実践的な経験、またはセンスが必要です。

自分の理想の空間を、自分だけではつくることのできない場合は リース業者と相談して理想の空間をつくるのも 一つの手でしょう。

美容室・サロンで観葉植物のレンタル・リースを使うデメリット

メンテナンスや搬入のときに仕事の邪魔になる

小規模な美容室・サロンなどの場合は、リース会社が植木の管理をやりにくる際の業者の出入りなどが 小規模だからこそ目立ってしまうというということです。うるさいくらいに音を立てて ごそごそと植木の管理をする業者は いませんが、ある程度の音は してしまいます。

スパ・エステなどで、ごそごそっとした音は あまり聴きたくないものです。そうなると、お客様のいない営業時間に 業者の方に来てもらうことになるでしょう。

継続的にレンタル料金がかかる

小規模な美容室・サロンの場合は、1〜3鉢ほどあれば 十分なのではないでしょうか。

そのくらいであれば、あまり手間がかかりません。水をあげたり 植木のホコリを取り除いたりすることは可能でしょう。業者に依頼するということは、観葉植物をレンタルする料金・観葉植物を管理してもらうサービスに対する料金が発生するということです。

近所のお花屋さんで 簡単にお世話ができる観葉植物を教えてもらい、購入し、自分で お世話をするならば、サービスに対する料金は発生しません。ただし、一年以内に枯らしてしまう可能性がある場合はレンタルした方がトータルのコストは安くなることが多いようです。

植物に対する愛着がわかない

愛情もって植物のお世話をするのであれば、業務の空いている時間にできるので 外注する必要はないということです。

美容室・サロンなどで、お客様の予約が入っていない時間がある場合は、その時間でお世話をすることができます。時間的余裕がある方は、自分で育てるのがいいでしょう。そうすることで、植物に対する愛着も湧いてきます。

観葉植物レンタルの見積もりCTA

美容室・サロンで観葉植物をレンタルする場合の費用・プラン価格の相場

最後に、美容室・サロンで観葉植物をレンタルする場合の予算について説明します。

一般的な観葉植物のレンタル相場

特大鉢(H2m~) 大鉢(H1.5m~) 中鉢(H80cm~) 小鉢(H20cm~)
3500~5500円 2000~3000円 1300~1800円 500~1000円

レンタル業者によって、料金設定は さまざまです。鉢の料金は、メンテナンス代を含んだ料金なのか・含んでいない料金なのか を業者のホームページなどで確認しましょう。

鉢の素材、デザイン、色なども たくさんの種類があります。頑丈な素材の鉢だと、エントランスに飾るのが最適です。また、頑丈な素材の鉢を設置すると 印象としては 堂々とした雰囲気がうまれます。

お手洗いなどは、通常の鉢でよいでしょう。掃除をする際には、持ち上げやすい方が 掃除をしやすいです。頑丈で 豪華なデザインの鉢は、値段も高くなります。しかし、それ相応の価値があるのです。1つの業者だけでなく、いくつもの業者のサービス・値段を比較しましょう。

美容室・サロンに観葉植物を設置した場合のモデルプランと月額レンタル料金

美容室やサロンの規模ごとに設置事例を説明します。

  • 小規模な美容室・サロンの場合

エントランス・受付・ソファ周辺(3鉢〜)で月額5,000円〜です。

  • 中規模な美容室・サロンの場合

エントランス・受付・ソファ周辺・大型ミラー周辺(5鉢〜)で月額15,000円〜です。

  • 大規模な美容室・サロンの場合

エントランス・受付・ソファ周辺・大型ミラー周辺・お手洗い(7鉢〜)で月額25,000円〜です。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

観葉植物レンタル・リースの美容室・サロン設置事例まとめ

観葉植物が与えてくれる影響といっても、「安心感」だったり 「心地よさ」だったり そのほとんどのものは主観的に感じるものです。あまり観葉植物に興味がない場合は、無理に 空間に観葉植物を設置しなくてもよいでしょう。

植物のお世話をすることは大変ですが、「植物への興味は、軽い気持ちで持ってもらえたらな」と思っています。図鑑に載っているようなものから興味が湧いてきたり、インテリアとしての観葉植物に興味が湧いてきたり、どちらも 大切なきっかけになるでしょう。

ミニプランツやテラリウム、お花などの場合は ハーバリウムなど、一目惚れをしてしまうような綺麗な可愛らしいものは たくさんあります。植物を小さな世界という言葉で表現してよいのかどうかは分かりませんが、小さな世界を覗いてみると 未知の世界が広がっています。もしかしたら、植物は人間よりも 遥かに大きな世界なのかもしれません。

「桜が美しいのはどうしてだろう?」そのようなことを考えても、答えは出てこないけれども、確かに 桜が美しいと感じる。春になって、桜が満開になった時に、心も体も喜んでいるように感じる。植物には、何かすごい力があると思います。観葉植物でなくても、お花や野草でも、植物に少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。ぜひ、小さくて、大きい世界を覗いてみてください。