ソテツの育て方のコツ

ソテツは沖縄や南西諸島に自生する常緑低木です。特徴として、雌雄異株で成長が極めて遅い点が挙げられます。幹は円柱状で、太く葉の落ちたあとが、鱗状に覆うのが視覚的にも美しい品種です。高さは1~4mで茎頂から葉を四方に広げ、葉は長さ2mになる羽状複葉となります。小葉の縁は裏側へ巻くようなルックスです。

雌雄異株のため、夏、茎頂に1個ずつ花をつけます。雄花は長さ60㎝ほどの松かさ形、雌花は直径40㎝ほどでキャベツのような形になります。種子は扁平な卵形で赤熟します。株の成長具合で、10年に1度ぐらいに、11月~2月にかけてメス木が沢山の赤い実を付けます。

育て方で悩んだときは観葉植物レンタルの『ThePrimeGarden』までお問合せください。

学名・分類 Cycas revoluta Thunb.

ソテツのギリシア名 Cykaslに由来、和名由来は樹勢が弱った時に鉄くずなど与えると蘇ると言われる事から蘇鉄となりました

ソテツ《蘇鉄》ソテツ科ソテツ属

寒さ・暑さへの強さ 耐寒性:やや弱い  耐暑性:やや強い
乾燥に対する強さ 乾燥:とてもつよい
病害虫の発生 4月~10月カイガラムシ、 クロマダラソテツシジミ 
その他の注意点 日当たりを好みます

ソテツの仲間

ソテツ科の仲間は、世界の亜熱帯を中心に112種程あります。

ソテツ属

ソテツ属は、幹が太く立ち上がり、一般に単幹ですが、枝分かれすることもあります。幹の先端に光沢のある、濃緑色の葉をつけます。葉に黄色の斑の入るフイリソテツ、ナンヨウソテツが、あります。

ザミア属

プミラ(フロリダソテツ)は、茎はほとんど地中生で、やや塊茎状となります。葉は、美しい灰緑色です。

エンケファルトス属

トゲオニソテツ、レーマニーは、熱帯アフリカと南アフリカに、自生しています。

ディオーン属

エドゥレは、メキシコ原産で幹が2mの高さになるものもあります。一般に見られるのは、50cm前後の株です。葉は、光沢のある淡緑色です。

ソテツを育てるのに良い環境

ソテツはできるだけ光線のあたる場所に置きます。暖かい地域であれば、庭植え、鉢植えどちらでも楽しめます。ソテツは丈夫で手間が、掛からないので初心者にお勧めです

ソテツを室内鉢植えで育てる場合

  1. 苗よりも一回り大きい鉢を準備する。
  2. 鉢底石をいれて、土を鉢の3割程入る。
  3. 苗を置き土で回りを埋めて苗を固る。
  4. 風通しの良い窓辺に置く

ソテツを地植えで育てる場合

  1. 苗の2倍ぐらいの穴を掘る
  2. 植え付けが地面よりも20cm~60cm高くなるように、高さを調整する。
  3. 苗に土をかぶせ、土を割り箸等で突きながら隙間をなくす。
  4. 最後にしっかり水を与える。

ソテツの水のやり方

【室内鉢植えの場合】

年間通して、鉢土が乾いたら与えます。排水の良い土を好み、水を与えすぎると腐ってしまいます。特に冬は、休眠期で吸収力が、弱いので土が乾燥してから2~3日ほど時間をおいてから水やりして下さい。

【地植えの場合】

地植えは、植え付け後に1回たっぷり与えれば、後は必要ありません。水不足は、水を与えればすぐ元気になりますが、水の与えすぎはなかなか回復できないので、注意して下さい。

ソテツの施肥

ソテツは、痩せた土地でも育つので、あまり肥料は必要ありません。植え付け時に4~5月に1回、緩効性肥料または固形の油粕を少し与えます。

ソテツの栽培で注意する病虫害

ソテツの葉が、黒くすすけてきたらカイガラムシの被害です。葉についている、カイガラムシは、歯ブラシでこすり落としたり、ホースで強い水流で飛ばして殺カイガラムシ剤(スミチオン、カルホスなど)を散布する風通しの良い場所を選び、新たな発生を防ぐ事が大切です。

ソテツの根腐れの対処方法

葉の伸びが悪く、黄色い葉になるなら株元は腐っています。株を掘り上げて腐っている部分を、良く切れる刃物で切り落とします。切り口を日陰で2~3日乾かして十分乾燥させてから、大きめな鉢で仕立て直します。地植えの場合は、水位が高かったり排水の悪い場所は避けるようにします。どうしても、このような場所しかない場合は、盛り土して植えつけます。

ソテツの冬越しの方法

【鉢植え】

ソテツの耐寒温度は、約5℃です。鉢植えは、室内に移動して管理して下さい

【地植え】

冬越しの為に、下葉を1/3切除いて、幹にコモ、わらなどを巻くと安心です。氷点下を下回る地域や、霜が当たりやすい場所では、地植えでの冬越しは難しいでしょう。

ソテツのふやし方

ソテツは、あまり枝分かれはしませんが、時々幹から不定芽という芽を出します。子株が出たように、見えます。この不定芽が、こぶし大になった頃に幹から切り離して鉢植えとして、育てる事ができます。春~秋に種を取って、まいてふやす事もできます。発芽まで3ヵ月ほどかかります。

ソテツの利用方法

観賞用として、植えられるほか葉は盛花にも用いられます。種子や幹には、デンプンが含まれる為、昔は食用として利用されましたが、現在は、有毒成分サイカシンが含まれることが明らかになってからは、食用とされることはありません。

ソテツの歴史・文化

南国情緒の漂うソテツですが、日本固有の植物。1500年頃には琉球から伝えられたと考えられます。当時はソテツに漂う異国情緒が、好まれ各地で植えられました。織田信長も安土城に植えたと言われています。

ソテツの風水的な意味

ソテツは、風水では、2通りの意味を持っています。1つ目は、株元に鉄を入れると元気になると言われるため「金食い虫」 2つ目は、お金があるから鉄が手に入って育てられる様になるという「お金持ち」の象徴として存在するとも、言われてます。

天然記念物に指定されるソテツ

各地の老ソテツの中には、天然記念物に指定されているものもあります。有名なのは、静岡県清水市竜華寺のソテツで、高さ4mにも達します。また、宮崎県都井岬、鹿児島県のソテツ自生地は、天然記念物に指定されています。