ドラセナの育て方のコツ

観葉植物の中では強い品種と言われていることから勧められるドラセナですが、水をどの程度あげれば良いのかで悩んだ結果枯らしてしまったということはないでしょうか。ドラセナを枯らすことなく長く楽しむために、水やりの方法を中心にご紹介します。

育て方で悩んだときは観葉植物レンタルの『ThePrimeGarden』までお問合せください。

学名・分類 Dracaena

キジカクシ科ドラセナ属

主な流通種は、コンパクタ、コンシンネ、トリカラー、ドラコ等

寒さ・暑さへの強さ 暑さには強い

耐寒性は普通だが、品種によって差がある

乾燥に対する強さ ある程度強い
病害虫の発生 カイガラムシ、ハダニ
その他の注意点 冬場の水やりは土が完全に乾いたことを確認してから行う

ドラセナを育てるのに良い環境

耐陰性があることから多少の暗い場所でも育ちますが、光量が不足しすぎると株が弱ることから、春から秋にかけての季節は屋外か屋内の明るい場所に移動しても良いです。ただし、その時は急に暗い場所から明るい場所に移動させるのではなく1日ずつ場所を移して光の強さに慣らしながら移動させます。植物は、環境の変化に大変なストレスを感じやすい生き物ですので、設置環境を変える場合は必ず徐々に行うようにします。

ドラセナを室内で育てる場合

直射日光を避けて、カーテンレース越しの明るさが取れる場所で育ちます。ただし、冷暖房の風が直接当たるような場所は避けてください。 

ドラセナを屋外で育てる場合

風通しがよく、直射日光が当たらない軒下の明るい場所で育ちます。寒冷地や気温10度を下回る場合は、室内に入れてください。しかし地植えの場合、品種によって生育に多少の差はあるものの、その場所の環境に慣れれば特別な手入れをすることなく育ちます。

ドラセナの水のやり方

気温10度を目安にしましょう。春から秋にかけての高温多湿な環境を好みます。しかし冬の寒さは苦手なため、気温10度以下になると株全体の成長が緩慢になり、冬場はあまり水を欲しがりません。気温10度以上の季節は、土の中の湿り具合を確認しながら、水をやります。

湿り具合の確認方法は、土の中に少し指を入れてみます。指を抜いたとき、土があまり指に付いてこなければ、乾いている証拠なので水のやり時です。一方で、指に土が付いてくるようであれば、湿っているサインのため、その時は土が乾ききるのを待ちます。

ドラセナの水やりの回数

【確認の目安】

  • 春と秋:1週間に1回
  • 夏:3〜4日に1回
  • 冬:3週間に1回

これは室内の明るい場所で育てる場合の目安です。屋外の場合は、室内よりも土の水分蒸発が早いことから少し早めに確認すると良いです。

ドラセナの水やりの加減

鉢底から水が染み出てくるのを確認できるまでたっぷりとやります。鉢植えは水切りをしっかりとしましょう。鉢底から染み出てくるまでたっぷりと水をやった後、しっかりと水切りをします。

ドラセナの水やりのタイミング

多湿を好むとは言え、鉢の中がずっと湿っていると根腐れを起こします。次回の水やりのタイミングは、土の中が湿っている状態からほぼ乾きってからにします。

ドラセナの葉水

空気が乾燥している時、特に夏場に乾燥している時は、霧吹きで葉水も与えると良いです。

ドラセナの葉のお手入れ

葉に埃がたまらないよう、定期的に埃を払い落とします。黄色や茶色になった葉は、剪定ハサミで葉の茎元から切り取ってください。

ドラセナの肥料と病害虫の予防法

肥料は、5月から10月にかけてが特に生育する時期ですので、2ヶ月に1回を目安に固形タイプの肥料を土に置きます。それ以外の季節は、根を傷める原因になりますので、肥料は与えません。

病害虫の予防法は、水やりをする前に、ダイアジノン粒剤を土の上に散布しておくとカイガラムシを予防できます。また、ハダニやアブラムシの予防には、葉に埃がたまらないように葉を拭いたり、暖かい季節には霧吹きで定期的に葉水をします。

屋外でもたくましく生育できるドラセナですが、屋内で育てる場合は設置方法や水の管理法に気をつければ簡単に育てられる植物です!