オリヅルランの育て方のコツ

ハンギングプランツとして人気の絶えないオリヅルランは、少し寒がりな性質を持っています。そんなオリヅルランの上手な育て方をご紹介します。

育て方で悩んだときは観葉植物レンタルの『ThePrimeGarden』までお問合せください。

学名・分類 Chlorphytum comosum

ユリ(キジカクシ)科 オリヅルラン(クロロフィツム)属

主な流通種は、ソトフオリヅルラン、ナカフヒロハオリヅルラン、ボニー等

寒さ・暑さへの強さ 寒さにはやや弱い、暑さには強い

(シャムオリヅルラン10度以上、その他の品種は5度以上で管理)

乾燥に対する強さ 強い
病害虫の発生 カイガラムシ、アブラムシ
その他の注意点 明るい場所での管理する

水をやり過ぎない

オリヅルランを育てるのに良い環境 

アフリカとインドなどの熱帯地域を中心に分布していることから、温暖な環境を好みます。耐陰性はありますが、日光に当てると株が丈夫になります。暖地では室内屋外どちらでも生育しますが、寒冷地では室内で管理してください。

オリヅルランを室内で育てる場合

風通しの良い、明るい場所が最適です。真夏の直射日光に当てると葉焼けを起こしますので、レースカーテン越しの日光量で十分です。もし、日光が十分に入らないような北側のお部屋でも、窓から入る明るさがある程度あれば問題ありません。冷暖房の風が直接当たるような場所は避けてください。

オリヅルランを屋外で育てる場合

風通しが良く、日当たりの良い場所が最適です。暖地では、鉢植えでも地植えでも育てられますが、霜や雪にあたる場合は軒下に移動させるか、シート等で当たらないように対策します。万が一、霜や雪に当たった場合は、地上部は傷んでしまいますが、傷んだ部分は取り除き、腐葉土でマルチングして、春の芽吹きまで様子を見ましょう。

オリヅルランを設置するときの注意

植物は急な環境変化に弱いため、設置場所を移動させる時はすぐに移動させず、環境の明るさに慣らすよう徐々に移動させます。購入後1ヶ月間は、購入店からの設置環境の変化で葉が黄色くなることとがあります。これは一時的なストレス反応ですので、変色した葉を取り除いて様子を見ます。

オリヅルランの水のやり方

根を太く発達させることから、乾燥には強いため、鉢の中が常に湿った状態を嫌います。設置する環境や季節によって土の乾きが早かったり遅かったりするので、必ず土の中の状態を確認してから水やりを行います。

【土の中の確認方法】

土の中に指先を入れてみて抜いたときに、土が指に付かなければ、水のやり時です。指に土が付いてくるようであれば、湿っているサインのため、土が乾ききるのを待ちます。

オリヅルランの水やりの回数

【室内での土の確認と水やりの目安】

  • 春と秋:1週間に1回
  • 夏:2〜3日に1回
  • 冬:1〜2ヶ月に1回

【屋外の場合】

自然の雨に任せて育ちます。ただし軒下の場合は、土の乾きを確認しながら水やりを行います。夏場の暑い時期は、鉢植えでも地植えでも土の乾きが早いため、こまめに土の中を確認してから水やりを行います。気温が下がり始める秋頃から冬の間は、水やりを控えめにします。

オリヅルランの水やりの加減

鉢底から水が染み出るまでたっぷりとやります。鉢の中をずっと湿った状態にしていると、根腐れを起こします。次回の水やりのタイミングは、土の中が湿っている状態からほぼ乾きってからにします。鉢植えの場合は、鉢皿に水が溜まらないように注意し、しっかりと水切りを行います。冬の室内管理の場合は、気温の高い時間帯に水やりを行います。

オリヅルランの葉水

夏場の空気が乾燥している時は、霧吹きで葉水も与えると良いです。

オリヅルランの肥料と病害虫の予防法

生育期の5月から10月の間は、2ヶ月に1回を目安に土の上に固形肥料を置きます。秋から冬にかけての気温が下がり始める頃から、肥料は断ちます。

水やりをする際、ダイアジノン粒剤を土に散布しておくとカイガラムシを予防できます。アブラムシの予防としては、葉に埃が溜まらないようにこまめに拭きましょう。

オリヅルランは、寒さと水のやり方に気をつけて、明るく暖かい場所で管理することが上手に育てるポイントです!