神奈川県(横浜、川崎など)の観葉植物レンタルについて

神奈川県は、首都東京の真南に位置しており、東京大都市圏の一角を成す県です。東京都に次ぐ人口を有し、人口密度でも東京都・大阪府に次いで3位という大きな県であり、活気溢れる様相がこの数字にも現れています。更に都道府県別では最多の、3つの政令指定都市である横浜市・川崎市・相模原市の3市でも知られていますが、他にも藤沢市・横須賀市など知名度の高い町が多くある県です。

県庁所在地である横浜市から川崎市方面は、みなとみらいをはじめとする商業施設・オフィスビル・ホテルの立ち並ぶ商業・観光地区として知られていますが、どの施設にも多くの観葉植物が設置され、海沿いの街並みとビルの高層群に緑がエッセンスとなり、季節ごとに街を鮮やか彩っています。また、神奈川県は古くから三渓園に代表されるように造園業に長けた街であり、植物をみる目の肥えた人々の住む街でもあります。私たち『the prime garden』では、そんな目の肥えた神奈川県の皆さんにも満足いただけるグリーンの専門コーディネーターとして、しっかりとご対応させていただきます。どうぞお気軽にご相談・お問合せください。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

神奈川エリアでおすすめの観葉植物

神奈川県は、人口も多く、首都東京に隣接する県だけあり、グリーンレンタルに関しても常にトレンドを意識した種類の配置が多いように感じられます。そんな中でも、施設の違いによる傾向について抑えておきましょう。

神奈川県の商業施設では不可欠のグリーンレンタル。観葉植物設置の狙いから見るトレンドは?

最近の大きな商業施設では、エントランスや吹き抜けといった開放空間を活用して、2メートルを超えるような大型のグリーンレンタルが活用されることが少なくありません。通常グリーンレンタルに求められる要素の多くは「癒し」の効果ですが、こういった大型の商品の場合になると「インパクト」「存在感」という要素が大きいと言えるでしょう。

施設の大きさも手伝って、グリーンディスプレイも散見され、よく映えていますが、インパクト重視ではアムステルダムキングなどのシンボリックなものがエントランスや吹き抜けに鎮座している風景が目立ちます。また、海が近い街であることから、南国感を狙った植物も多いのが特徴です。定番のフェニックスなどよりも大型のアレカヤシやユッカなどを意識的に置いている点は、東京都との目立った違いと言えるかもしれません。また、テキーラの原料としても知られるアガベなども、大型のものが屋外に配置される傾向が目立つ街です。

一方、施設内に入居する形で営業しているテナントでは、施設が意識している「施設のイメージ」「街に合うイメージ」を損なわない植物をチョイスするパターンと、店舗として取り扱う商品によっては店舗独自の空気感を重視する傾向があるものです。これは神奈川県の商業区のテナントでも同じなのですが、神奈川県で特徴的な点は、テナントも比較的大型の植物を、少しこだわったデザイン性のある鉢カバーとあわせてレンタルされる点が挙げられます。

横浜駅などの大きな駅の構内・エリアでも、元町などの路面店舗についてもこういった傾向があるように感じられます。一方で、中華街は街としてもコンセプトのしっかりしている街であり、幸福の木など、運勢を意識した種類の植物が配置されているのも意識すると面白いですね。

神奈川県のオフィスビルに見るグリーンレンタルの傾向

東京に隣接し、関東大都市圏の一角を成す神奈川県では、横浜市、川崎市などオフィスビルの立ち並ぶ街としても知られるところです。開発も、未来都市としての街づくりも続けられている神奈川県では、国内企業も海外企業もオフィスを多く構えており、デザイン性の高いオフィスが並んでいます。壁面を活用した植物装飾も新しく建つビルならではであり、また、このようなエリアですので、観葉植物も空間にマッチする種類・形などが求められます。そういった視点でいくと、先ほどの商業施設とも近い点があり、受付やエントランスなに比較的大き目の植物でインパクトを表現するのも特徴と考えられます。特に大きなビルの場合では、大型の樹木のような植物がエントランスやホールなどに置かれるニーズがあり、アムステルダムキングなどの大型観葉植物の出番も増えてきています。ビル内ということもあり、先ほどのアムステルダムキングやベンジャミン、アレカヤシのような、日光が多少少なくても生育する大型種のニーズは高まってきていると言えるでしょう。

ただし、そのようなインパクトが求められるのはオフィスの入り口となる場所だけであり、やはりオフィスに植物が求められる最大の理由と効果は「癒し」であり、商売の場であるので、「枯れる」ことはもっとも忌避されます。商業施設ともまた少し違って、オフィスビルは日光量や空気の流れ、温度環境などにより、設置する植物の選定、育てる・維持することに一定以上の技術も必要となることから、メンテナンスも売りとなるグリーンレンタルの活躍の場と言えるのです。この点で適した植物としてはゴム系・ツル系のものがあり、実際に置かれているものもベンガレンシスやセローム、マングーカズラなどが多く、枯れにくさから人気です。

癒しの面では、やはり緑の強さや褪せにくさなども一つのポイントですので、先ほどの枯れにくい種類を選んでおくのも一つポイントになっています。その点ではベンガレンシスは定番の植物として知られ、最近では、ほんのりとした香りを放つウンベラータや、フランスゴムなど樹形を造形することも楽しみの一つとなるタイプのものなどがオフィスに活かせる商品です。ただし、これらは日光量などをある程度必要とするタイプの植物なので、オフィスビルの中でも置き場所をある程度選ぶ必要がありますので、注意が必要です。

以前はあまりなかったニーズとしては、従業員の過ごしやすさ、働きやすさを重視したオフィス環境作りとしての植物の活用があります。会議スペースなどに植物をなどの声もその一つです。以前は緊張感を持つべき場で、尖った印象のある葉の品種などが好まれる傾向でしたが、最近では従業員と役職者との円滑なコミュニケーションの場としても重視され、柔らかい印象の品種で活発な発言を引き出すことを重視するオフィスも増えています。もちろん旧来の通り、「話し合い」の場として堅実な空気を意識した植物を求める声や、縁起をかつぐ植物を求める声がある置き場所でもあります。休憩スペースでも、以前は「癒し」を重視し、一息つける雰囲気のものを求める声が大きかったですが、最近では従業員同士のコミュニケーションの場として見直されており、植物を求める場所として見直されているようです。パキラなど、横幅を取らないものが人気ですが、意外と大型の鉢植えタイプのものを希望されるのが多いのが神奈川のオフィスビルの一つの傾向かもしれません。

これらの流れを後押ししているのは、「働き方改革」です。生産性の向上が大きな課題と考えられる改革の実現と、従業員の職場環境の改善や肉体的・精神的な休憩時間の過ごし方など、オフィスに植物を置くことでの働き方改革に関しては農林水産省などでも色々と調査されていますし、働き方改革の一つとしてきちんと考えられている企業も多くあるようです。一体感を出すためにパーテーションの代わりで観葉植物を活用するようなケースもみなとみらいのオフィスビルなどでは人気です。そのような場合でも、あまり高さは出さず、プランターを活用した「仕切り」程度で「壁」にならないなどのニーズをキャッチして植物を選ぶのがポイントになっています。

もちろん、執務室などには、ポトスやアイビー、パキラといった昔ながらの植物も人気があり、これらを用いた寄植えも定番の人気の商品になっています。

神奈川県の医療、介護系施設でも増え続ける観葉植物のニーズ

古くから植物の効果が言われてきた場所の代表的なものが病院ですが、介護や高齢者向けの施設が増えてきていることから、神奈川県でもニーズが増え続けている業種・施設となります。ここまで開発地域としてご紹介してきた横浜市・川崎市などのエリアを含めて、病院や介護施設の数自体も増えている傾向があり、単純に施設数の増加に伴うニーズの増加があることは否めません。施設の性質上、利用者に対する印象(安心感・清潔感・空間の演出)を大切にするため、それを表現する一つの手法として植物を用いる目的が強くあるようです。そのような意味合いでいくと、植物を選ぶ際にも、種類やサイズなど多くの点で、先にご紹介した大型商業施設やオフィスビルとは異なります。受付や待合室でも中鉢サイズの「種類」や、あまりスペースに余裕がない場合でも小鉢サイズで定番のポトスなどでさり気なくもグリーンによる快適さや安心感などの雰囲気作りをお手伝いしています。

また、商業施設とは異なり、季節ごとに目立った種類での入替や奇をてらった種類、過度に華美な配色の植物などはあまり望まれない傾向です。また、オフィスビルとも異なる点は、「そこで働く従業員」に対してよりも施設に訪れる人(ここでは患者さんや非介護者の方)を対象に植物の選別がされることが挙げられるでしょう。以上のように、他の業種との明確な違いはあるものの、提供する植物の種類の人気や傾向としては、あまり県別・地域別での違いはないのがこの施設の特徴と言えそうです。

また、高齢者介護のトレンドとして「園芸療法」という一つの概念があります。植物の世話や畑作業などの活動が医療や福祉に役立つという概念で、園芸療法士という資格もあり、学問としても整備されている分野です。実際に園芸療法を取り入れる介護施設では、畑を借りるなどの規模で取り組む施設もありますが、費用や立地などの問題から、比較的取り組みやすく、身近な方法として、観葉植物の水やりなどの世話であり、導入が容易で利用者の肉体的な危険負担も少ないことから、観葉植物のレンタルニーズを若干でも押し上げていることが考えられます。

 

病院や介護などの医療系施設のイメージと植物は非常にマッチしており、空気清浄の効果、リラックス効果、メンタルにもたらす効果など、実際の効果という意味でも親和性が高い関係です。その一方で、害虫の問題や枯れてしまうなどが及ぼす影響も大きいと言えますので、メンテナンスにもかなり気を使う必要があります。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

神奈川エリアでのグリーンレンタルのサービス対象エリア

the prime gardenのグリーンレンタルサービス提供エリア

現在調整中

神奈川県でグリーンレンタルが人気のエリア

神奈川県の観葉植物レンタル:横浜エリア

神奈川県には大都市圏がいくつかある中、商業施設・オフィスビル等もっとも数が多く、未来都市としての開発途上ということもあり観葉植物の種類に対しても「神奈川独特」さを出すのが横浜エリアです。

  • 横浜駅周辺〜みなとみらい駅〜桜木町駅のオフィスビル(ランドマークタワー、三菱重工横浜ビル、日産自動車グローバル本社、ヒューリックみなとみらい、みなとみらいグランドセントラルタワー、富士ソフト本社ビルなど)。
  • 横浜駅やみなとみらいを中心としたデパート、モールや観光施設、商業施設(ランドマークプラザ、ルミネ横浜、マリンアンドウォークヨコハマ、横浜ワールドポーターズ、赤れんが、そごう横浜店、横浜タカシマヤ、ららぽーと横浜、横浜コスモワールド、アンパンマン子供ミュージアム&モール、カップヌードルミュージアム、三井アウトレットパーク横浜ベイサイド、三井ショッピングパーク ららぽーと横浜、MARK IS みなとみらい、サウスウッド、トレッサ横浜など)。
  • 横浜・みなとみらい周辺のホテル(横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ、ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル、横浜みなとみらい万葉倶楽部、横浜ベイホテル東急、横浜ロイヤルパークホテル)。

神奈川県の観葉植物レンタル:元町・中華街エリア

横浜の街の古くからの顔の一つと言えば、元町エリアの中華街のお店であり、近未来感のあるみなとみらい周辺とはまた一味異なる街に連なるお店や施設にも、観葉植物が多く設置されています。

  • 中華街の顔、中華レストランやカフェなどの飲食店(一楽、永福楼、華龍飯店、吉兆、華正樓(本店・新館)などの中華レストラン。鼎雲茶倉台湾茶専門店、萬來行カフェなどの中華街カフェなど)。
  • 横浜博覧館、横浜大世界などの体験型観光施設など。

神奈川県の観葉植物レンタル:新横浜、菊名、鶴見エリア

このエリアでは病院・クリニック・介護施設などが較的多く、観葉植物のニーズが意外と高い地域とも言えます。

  • このエリアの病院施設(独立行政法人労働者健康安全機構横浜労災病院、医療法人五星会菊名記念病院など)
  • このエリアの介護施設(介護老人保健施設ファイン、特別養護老人ホーム新横浜さわやか苑、新横浜介護老人保健施設カメリアなど)

神奈川県の観葉植物レンタル:藤沢駅周辺〜湘南エリア

藤沢エリアでは駅周辺や、中華街と同じく神奈川県の一つの顔の街とも言える湘南のエリアについてもご紹介します。

  • このエリア内のショッピングモールなどの商業施設やオフィスビル(ダイヤモンドビル、ルミネ藤沢、新江ノ島水族館、テラスモール湘南、湘南モールフィル、湘南T-SITE、GAMEPANIC湘南、日本生命藤沢ビルなど)
  • このエリア内と言えば欠かせないおしゃれなカフェ(8LOUNGE、ブレックスファーストカフェココペリ、カフェ湘南テラスなど)

神奈川県の観葉植物レンタル:川崎駅周辺エリア

川崎市自体が東京都に隣接する市であることもあり、川崎駅周辺は大きな企業の拠点が多く並んで言います。そんな川崎駅周辺では、やはりオフィスビルでの観葉植物の活用が顕著なエリアです。

※注意点(執筆後には消してOK)

  • 川崎エリアのオフィスビル(富士通川崎テクノロジースクエア、ミューザ川崎セントラルタワー、ソリッドスクエア、味の素パッケージング、日本テレビ生田スタジオなど)。
  • 川崎駅周辺のショッピングモール(アトレ川崎、ラ チッタデッラ、川崎アゼリア、川崎ウィング、マーケットスクエア川崎イースト、ラゾーナ川崎プラザ周辺など)、近隣商店街の飲食店・カフェ

神奈川県の観葉植物レンタル:武蔵小杉駅周辺エリア

工業地帯として知られていた武蔵小杉は、再開発により商業施設が増え、タワマンバブルの時期を経てベッドタウンとしての街に変わりつつあります。

※注意点(執筆後には消してOK)

  • 駅周辺、ファミリー向けをはじめとした商業施設グランツリー武蔵小杉、ららテラス 武蔵小杉、武蔵小杉東急スクエア、イトーヨーカドー武蔵小杉など)
  • 高層タワーマンション(パークシティー武蔵小杉ステーションフォレストタワー、エクラスタワー武蔵小杉、パークシティー武蔵小杉ミッドスカイタワーなど)。
  • ファミリー層の住宅地を意識したことで増えてきている老人ホームや介護施設エスペランサ武蔵小杉、ライフコミューン武蔵小杉、ソフトケアホーム元住吉、介護老人保健施設葵の園など)。

観葉植物レンタルの見積もりCTA

神奈川エリアで植物のレンタルが多い施設

商業施設であれオフィスであれ、時代の変遷にあわせ、観光地にありがちなトロピカル要素の強い植物一辺倒傾向から、ビジネスでも観光やライフの面でも先進を意識し、これに合わせた植物のチョイスがはっきりと出てきているといえるでしょう。

  • 神奈川県は、首都の一角を担う都市でもあることから、バランスよく様々な商業施設が立ち並び、施設でも入居のテナントでも観葉植物のニーズが高いと言えます。一方で、同じ商業施設であっても、先進な街並みを意識するみなとみらいエリアでのニーズと、街全体が一つの商業施設ともみれる中華街でのニーズでははっきりとした違いがあります。この点については、藤沢市の業施設と比較しても同じことが言えることから、神奈川県のエリアごとの特性がそのまま観葉植物のニーズに現れているとも感じられます。
  • また、東京と並んでビジネスの中心となる地域(横浜、川崎など)ではオフィスでの観葉植物人気は、東京に匹敵するものがあります。街による大きな違いはないようですが、職場の彩りだけではなく、働く環境を意識したオフィス作りの重要なポイントとしてグリーンを意識していることは大切なポイントになりそうです。
  • 最近の特徴としては、川崎などのビジネスな街であっても武蔵小杉のようなベットタウンであっても、老人ホームや介護施設などの医療系の施設が点在し、清潔感や施設への不安払拭のために観葉植物を求められることが増えてきている点が挙げられます。
  • 個人宅での観葉植物レンタルはまだまだ広がらないところではありますが、神奈川県では、武蔵小杉のような高層マンションラッシュにより集合住宅主体で住宅地として成長した街もあり、マンションのエントランスをはじめとする共用部への観葉植物設置のニーズは高まっています。

その他エリアで利用される観葉植物レンタル

東京都に並ぶ都市である神奈川県という一つのエリアには、観光地区・ビジネス地区・商業地区・住宅地など、どの市で区切ってみても様々な顔を持つ町ばかりです。そのため観葉植物を設置する目的についても、デザイン性・インパクト感・癒し・安心感や清潔感など、様々なニーズがあります。みなとみらいを中心に、まだまだ新たな建物が建ち、街の様相も変わっていく神奈川県。観葉植物のレンタルニーズはますます上がって行くことでしょう。