埼玉県の観葉植物レンタルについて

埼玉県は、県庁所在地であるさいたま市をはじめ、川口市・川越市・春日部市・熊谷市・秩父市など、実に40もの市で構成されており、この市の数は全国一で知られています。また、東京都や関東地方・中部地方の多くの県と接することも特徴の県です。県西部は秩父などの丘陵・山地、北部は豊かな農地として知られています。必然、人口の多くは東京都に寄りがちな南東部に集中していますが、多くの人は都内へ通勤・通学等で通っており、県全体としてベッドタウンという位置付けもされがちです。さいたま市はもちろん、それ以外にも市の数が多いことから、ベッドタウンならではの観葉植物に対するニーズが、各市それぞれにあるのは特徴的なところでしょう。しかし、さいたま市は政令指定都市でもあるとおり、オフィスビルも立ち並び、商業地区として特徴的な地域もおおくあり、都市としての観葉植物のニーズもしっかりと定着しています。

私たち『観葉植物のレンタル:the prime garden』では、街や施設、お客様それぞれのニーズに合わせて、スタッフによる丁寧な対応を心がけております。どうぞお気軽にご相談いただき、まずはご要望をお聞かせください。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

埼玉県エリアでレンタルにおすすめの観葉植物

ベッドタウンならではの観葉植物のニーズとはどのようなものでしょうか?都会との違いがあるのかどうか?あまり気にされてご覧になることもなく、あるいはエリアの違いから比較する機会がないという方も多いと思います。

ベッドタウン埼玉エリアには安らぎが満ちているグリーンを

ベッドタウンは町全体で、「今日も頑張った」という疲れたあなたを“迎えてくれる場所”、また「通勤時間がかかるけど、あえてこの場所を自宅に選んだ」という理由があって選んだ“帰るべき場所”という雰囲気がある町です。だからでしょうか?やはり植物に対しても、職場での張り詰めた時間を癒すような種類に対してのレンタルのニーズが高い傾向があるように感じられます。

特徴的な例として、川口市をあげてみましょう。川口市は、埼玉県の中でも有数のベッドタウンとして知られる地域ですので、住民の方々の生活を支える商業施設も数多くある地域です。この商業施設に設置されている観葉植物を見ても、東京都内や、神奈川県のみなとみらいなどの商業施設と設置されている観葉植物とは種類が異なるのを感じ取れると思います。東京や神奈川が「トレンドやインパクト」「街のイメージ」を意識したものが多いのに比べ、川口市のショッピングモールなどでは「プランターにポトスやパキラ」などの定番でありながら、家族連れにも馴染むような落ち着いた種類に対するニーズが高いのです。もちろん、施設の規模などによっては、ドラセナやアムステルダムキングのような大型の植物で空間演出が意識されたグリーンレンタルの活用もあるのは、忘れてはいけません。

ベッドタウンだからと一概に一括りにはできないところですが、このような傾向は、埼玉県内では同様に越谷市や所沢市、和光市などでも類似の傾向があるように感じられます。

 

また、川口市では個人のお住まいではガーデニングも人気で、庭いじりのスペースを持たないマンション住民には観葉植物が人気です。川口市の安行は緑化センターなどもあり、生活の物資の一つとして比較的グリーンを購入する機会が多く、あることも理由になっているかもしれません。

お住いの方々が心の安らぎ、仕事の癒しとなるグリーンに、自然と惹かれているのかもしれませんね。

県別で異なる?オフィスでのグリーンレンタルの傾向

観葉植物のレンタルニーズが高いのは、どの県でも地域でも、やはりオフィスや店舗でのご利用です。埼玉県はベッドタウンというイメージ先行でお話ししてきましたが、関東圏では、東京都・同じくその周辺となる神奈川県・千葉県に劣らずオフィスでのグリーンレンタルは活発にご利用いただいています。合併前は単独の市であった浦和エリアや大宮エリアが、埼玉県のオフィス街として知られるところではしょう。但し、やはり設置を希望される植物の種類やサイズなどについては県ごとというか、エリアごとの違いは出る傾向があります。このような違いは、オフィスの業態やビルのデザインなどによるものではなく、街全体の雰囲気のようなものが影響している傾向があります。例えば大宮のオフィスでニーズが高い観葉植物は、見た目的に可愛さや愛嬌のあるクワズイモやモンステラ、クルクルとした葉っぱが個人のお部屋にも人気のフィカス・ベンジャミン・バロック、サボテン種でありながらねじれた姿がアクセントとしても人気のユーフォルビアスパイラルなど、癒しをもたらす目的で選ばれルような印象が強めです。極端に大きなグリーンに対するニーズはそれほど強くなく、大きめサイズの鉢やプランターの要望がある場合でも、そこにはポトスやアイビー、パキラ、などの寄植え活用などの方が高い評価をいただける傾向を感じます。大宮という街に降り立ったときの駅の印象や、そこから広がる街の雰囲気を感じたことがある方には、納得しやすいお話なのではないでしょうか?

このように、埼玉県のオフィスでのグリーンレンタルは、ディスプレイとしてより本来植物の持つ効果としての癒しや、職場にもたらす生産性向上に着眼されているということなのかもしれませんね。

埼玉エリアの金融機関では目的を考えた観葉植物のレンタル設置が多い

さいたま市は住みよい街としてもよく知られるしです。関東圏の行き来に便利であることに加え、東北・北陸などと都市を結ぶ上での交通の要所であることと、今回繰り返しご案内している通り、ベッドタウンとして普段買いの小売店舗が充実しており、かつルミネ・そごう・コクーンシティなどの大型ショッピングセンターも充実していることが理由に挙げられます。これに加えてもう一つ、金融機関が都市銀行・各近隣の地方銀行の支店が多いことも住みやすさの一因と考えられるようです。数が多いだけあり、金融機関にもグリーンレンタルはご利用いただいています。通常の小売の店舗と同じような種類も人気はありますが、銀行などの金融機関ならではという観葉植物のご利用についても触れておきましょう。

ご案内しておきたいのは設置の目的です。身近な銀行などを思い浮かべていただくと、入口付近に高さのある鉢植えグリーンや窓口のちょっとしたスペースにミニポッドタイプのグリーンを目にしたことがある方、多いのではないでしょうか?銀行というとどうしても「数字と金銭」が取り扱いの商売ということもあり、そこから生まれる無機質さな雰囲気を和らげる目的での濃い目のグリーンがよく使われるのが特徴です。

実はもう一つ特異な理由での観葉植物の設置理由があるのです。入口付近にある、大人の身長に近いぐらいのパキラなどご覧になったことがあるのではないでしょうか?銀行等の金融機関の入口付近に観葉植物が配置される場合、実はだいたい同じぐらいの高さのものがある目的のために設置されていることが多いのです。その目的とは、ズバリ「防犯」。銀行で防犯とくれば、多くの方が想像するのはやはり強盗ではないでしょうか?強盗が押し入った際、身長などの情報は目撃した人によって様々です。そこで犯人の身長を目測する目安として、観葉植物が設置され、しかも入口付近に設置することで、押し入ったときと逃亡するときの、少なくとも2回、植物との高さ比較ができることまで考慮された配置なのだそうです。植物の高さは概ね170cmに統一されており、自然と一般的な日本人成人男性に多い高さを目安に比較ができるようにもなっています。ご存知でしたか?

そういった目的で設置されている点もあり、銀行入り口にはあまり葉を広げず、高さを出しやすい種類の植物の設置が多いのが特徴です。特に多い種類では、「発財樹」という別名で縁起のいい印象が銀行にもあうパキラ・鋭い葉の形が「邪気払い」として開店祝いにも人気なユッカ・初心者向きで「幸福の木」の別名が縁起的にも喜ばれるドラセナなどが人気があります。

埼玉県では医療・介護にも観葉植物のレンタルが欠かせません

最後に、最早言うまでもないことではありますが、病院や薬局などの医療機関、また医療機関と密接に関係する介護施設や高齢者向けの施設では、患者さんや介護サービスを受ける方々への直接の効果が期待され、古くから植物を設置してきました。病院はもちろん、これからいよいよ高齢化がベッドタウンとして欠かせない施設実際のグリーンレンタルのニーズとしては、入口やホールの柱付近に余裕があれば少し大きめのアレカヤシやパキラなどをアクセントに活用することが多いようです。色のアクセントともに、空間デザインにも一役買う活用方法と言えるでしょう。受付付近などはスペースの問題もあり、やはりミニポッドなどでの提供が主になります。体調に何らかの不安を抱えている人が多いこともあり、植物によって安心感などを演出したいというハッキリとした目的があるのが特徴です。

最近では、患者さんや介護施設の利用者さんが実際に植物に触れることでのさらなる効果も期待されるなどもあり、グリーンレンタルも含めた植物の導入ニーズが上がっている事業者の一つと数えることができるでしょう。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

 

 

埼玉県で観葉植物レンタルがよく使われるエリア

the prime gardenの観葉植物レンタルサービス提供エリア

現在調整中

埼玉県でグリーンレンタルが人気のエリア

埼玉県の植物レンタル:さいたま市エリア

まずは大宮エリアです。埼玉県が全体的にベッドタウンと言う様相を呈している面が強い中、大宮エリアは埼玉県の中でも商業都市の性質を持った地域です。商業施設の規模や数による差もあると思いますが、大きな要因は駅の大きさによる乗り入れ路線数の圧倒的な差による乗降客数の差が大きな原因です。受け皿となる商業施設でも観葉植物はご活用いただいています。

  • ルミネ大宮店、そごう大宮店、大宮タカシマヤ、大宮ソニックシティ。
  • 埼玉スーパーアリーナもこの近辺です。

続いて、大宮とよく比較される浦和エリアについてです。浦和は文教エリアとして知られ、浦和駅の周辺を見渡すと、商業施設とはまた異なる文教施設が立ち並び、落ち着きと静寂を演出する要素として、これらの施設でも観葉植物をご利用いただいています

  • 埼玉県庁、地方裁判所などの行政機関、司法機関。
  • 美術館・図書館といった学びの施設。
  • テレビ埼玉、NHKさいたま放送などのテレビメディア。また、放送メディアで行くとFM浦和もこの近辺で見つけることができます。

埼玉県の植物レンタル:川口エリア

超高層マンションが立ち並ぶ川口市は、政令指定都市を除くと全国でも3番目に人口が多い市であり、東京都のベッドタウンという側面以外でも、単独でオフィス街・大きな商業施設などの一面も併せ持つなど、当然に埼玉県の中でも大きな位置を占める市です。ベッドタウンとグリーンレンタルの特徴の例で先にご説明させていただいた通りですので、ここでは川口駅周辺にはオフィス街が並んでおり、そこでもオフィスにおけるグリーンレンタルの設置ニーズがあることをあげておきたいと思います。ちなみに超高層マンションが多数あることから、マンションのエントランスやロビーホールなどの観葉植物のレンタルニーズが高いという点も、他の県内の市とは異なる点だと言えそうです。いずれにせよ、グリーンレンタルの視点から考察すると、埼玉県の典型的な例としてこの川口市があてはまるといえそうであり、川口市は古くから植木の街としても知られていることから、観葉植物とは切っても切れない街でもあるのです。

  • 駅周辺のオフィスビル、小規模オフィス
  • 分譲マンションのエントランスなど

埼玉県の植物レンタル:春日部市エリア

高度経済成長以来、都心のベッドタウンとしての役割を担う地域として人口を増加し続けていた春日部市ですが、ここ数年は「都心回帰」現象により転出超過数が自然増加数でまかないきれなくなっており、減少に転じている。とはいえ、長らくベッドタウンとしての街を維持するために買い物客を相手に活躍してきた商業施設とは、観葉植物も長いお付き合いをしてきています。

  • ララガーデン春日部
  • イオンモール春日部
  • イトーヨーカドー春日部店

埼玉県の植物レンタル:熊谷市エリア

農業産出額県内第2位、商品販売額県内第3位、製造品出荷額県内第4位と、熊谷市は埼玉県北部における経済上の一大拠点をなしています。2000年以降は真夏の最高気温のニュースで全国的にその名を知られたしでもあり、「熱風の交差点」の異名を持つことで知られます。圏内の商品販売額3位が物語るように、小売業が多く、商業施設もたくさんあり、観葉植物の設置による彩りを意識した店舗が多く存在する。

  • 駅周辺の商業施設として、地元民に親しまれる八木橋百貨店・駅北口にはアズ熊谷、ティアラ21、ニットモールの3館が織りなす大ショッピングモール。
  • ロードサイド商業施設としても、熊谷片倉フィラチャー、ビッグベアなど。

これらの商業施設の中にも、個別の店舗やイオンシネマ熊谷やシネティアラ21などのシネマコンプレックスでも観葉植物は高いニーズで利用されています。

埼玉県の植物レンタル:川越市エリア

昼夜人口人口比率96%以上、完全なるベッドタウンの様相で知られる川越市ですが、さいたま市・川口市に次いで小売の年間消費額が高く、つまり小売業も盛んであることから、商業施設へのグリーンレンタルニーズも安定して高いことがあげられます。

一方で、歴史的な建造物や文化を小江戸観光として活用している街としても知られ、和のテイストでの観光コンセプトの街のため、街路にもフェニックスのような大きなものニーズは少なく、海沿いの観光地とは異なるところがあります。

  • クレアモール商店街、川越マイン、川越ルミネ、ウニクス川越などの商業施設。
  • 和の観光施設として、菓子屋横丁、蔵造り資料館など。

埼玉県の植物レンタル:越谷・三郷周辺などの東部エリア

越谷市では日本最大のショッピングセンターで有名であり、また、駅の東口は銀行の支店が多く出店している地域でもあります。ほんとうに多数で、全ては紹介できませんが、一部を列挙しておきたいと思います。そのような金融機関向けのグリーンレンタルニーズが高いのも越谷市の特徴の一つとしてあげることができそうです。また、他の市でも同じことが言えますが、生活する上で欠かせない病院も多くあり、患者さんやお勤めの方々それぞれのお役に立つよう、観葉植物が活躍しています。

  • 日本最大のショッピングセンターである巨大モール「イオンレイクタウン」。
  • みずほ銀行・三菱UFJ銀行、三井住友銀行、埼玉りそな銀行、群馬銀行や足利銀行、武蔵野銀行などの地銀系も多数、さらに信金系やJA、ゆうちょ銀行など。
  • 獨協医科大学埼玉医療センター、越谷市立病院、順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院など。

越谷市近辺の市にある三郷市には、巨大商業施設ららぽーと三郷があり、ここは買い物客だけでなく「トーマスタウン」などの娯楽施設としても知られているため、ファミリー客を意識した観葉植物が立ち並び、季節によって種類を変えるなどで施設の雰囲気を作る大切な要素として活躍しています。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

埼玉エリアで植物のレンタルが多い施設

東京近郊の県として、一定の繁華を各都市で保ちつつも、県全体(特に東京に近いエリア)ではベッドタウンとしての性質を強く持つ埼玉県。県のエリアによって、観葉植物を必要とする施設に若干の違いが出ているように感じられました。ある程度ニーズの高い施設情報を散りばめながらここまでご案内してきましたが、最後に施設別に寄せる形でまとめてみましょう。

  • さいたま市(特に大宮駅や浦和駅の周辺)では、オフィスでの利用も商業施設での利用だけでなく、行政や文教施設でもバランスよく観葉植物が必要とされるエリア。やはり県庁所在地という一言かもしれません。
  • ベッドタウンの性質の強い街では、やはり住民が多い分商業施設が数多くあるので、それぞれの施設が店舗のコンセプトやファミリー層に対する癒しを意識したグリーンレンタルのニーズが高い。また、それらの施設では時季に応じてイベントごとも多くあり、普段使いとは異なるグリーンレンタルのニーズも期待される地域です。また、なかなか個人のお宅での観葉植物のレンタルニーズは難しいですが、埼玉県のベッドタウンには高層マンションも多くあり、そういったマンションでは共用のエリアでのレンタルニーズは上がってきているように感じられます。
  • 全体的には、旧来から一定のニーズを維持し続けている中心部さいたま市内での観葉植物ニーズですが、徐々にさいたま市以外の中核都市にもニーズの広がりが見える状況にあり、今回ご紹介した川口市や越谷市などはこれからの埼玉県の観葉植物レンタル市場のベースとなって行くかもしれません。
  • ファミリー層の住む街が多くあることから、都心へ続くロードサイドには自動車ディーラー各社のショールームも散見されます。こういったショールームもコンセプトをしっかり持っており、観葉植物についてもこだわりを持って種類の指定があるようなお得意様の一つとなります。
  • そして欠かしてはいけないのは病院施設や介護系の施設です。少子高齢化が迫ってきたこともあり、単純に施設数が増えたことによるニーズの高まりももちろんではありますが、やはり心身を癒すための施設にこそ、植物の緑がもたらす効果がダイレクトにあるのでしょう。施設の性質上、管理上の気をつけるべきことも一層の気遣いも必要とされることが多くありますが、実際に植物そのものが誰かに何か効果をもたらし得る提供先として、私たちグリーンレンタル事業に関わる者もやりがいを感じるご提供先となりそうです。

観葉植物レンタルの見積もりCTA

埼玉県での観葉植物レンタルのまとめ

「ベッドタウン」というキーワードを持つ埼玉県だけに、東京都に接する関東圏の中心都市の一つでありながら、観葉植物種類のニーズや提供先など都心と異なる点が多くあるようです。しかしその一方で、埼玉県でもジワジワと観葉植物レンタルのニーズが広がっていることが実感され、お仕事の場ではない個人の皆さんの生活の時間にも私たちのグリーンが求められる可能性を感じることができるエリアだと思います。どのようなことでも、お気軽にお問い合わせからいただければ対応させていただきます。

その他エリアで利用される観葉植物レンタル