横浜市エリアの観葉植物レンタルについて

横浜市は神奈川県にあり、人口370万人もの人が住んでいる日本の市町村の中で最も人口の多い市です。横浜は、もともと江戸時代末期に開港し、外国人居留地が出来たことから発展を遂げた場所ですが、最近では東京からのアクセスの良さに加え、みなとみらいやベイエリアのイメージからもオシャレな港町であるというイメージがあるのではないでしょうか。

横浜市は、神奈川区、西区、中区、南区、港北区、港南区、青葉区などからなりますが、特に横浜駅エリアでは、クイーンズスクエア横浜や赤レンガ倉庫など人が多く訪れる場所や、横浜ランドマークタワーや山下公園、元町・中華街など数々の整備された観光スポットや飲食店街があることも特徴の一つです。

また、観光スポットなどだけではなく、日産や資生堂、ゼロックスなど日本を代表するオフィス企業も多く集まっており、日々多くの人が街を行き交っています。そのほかにも、当然ながらホテルや数々のビジネスホテル、病院などの施設を有しています。

これら多くの人を惹きつける横浜ですが、オシャレなスポットが多くあるという点もあってか、整備され、かつスタイリッシュな景観づくりに力を入れており、神奈川県の中でもトップクラスに植物設置の需要が多いエリアでもあります。『the prime garden』の観葉植物レンタルも多く利用されており商業施設では特大サイズの観葉植物や大きなプランターにあわせたサイズの植物が設置されています。また、国内系企業から外資系企業まで、多くの企業のオフィススペースやロビースペースなどでもグリーンレンタルサービスが活用されているのです。

そんな多くのグリーンの活用事例がある横浜エリアにおける人気のある観葉植物や場所などについてご紹介していきたいと思います。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

横浜エリアでおすすめの観葉植物レンタル

神奈川エリアはthe prime gardenの観葉植物が多くレンタルされるエリアで、周知のとおり、横浜には数多くのオフィスビルや商業施設、飲食店や住居などがあります。公園なども多いので緑がある場所もありますが、駅前付近などビルや建物が密集している場所では、やはり緑が少ない場所も存在します。そういった場所でも、清潔感やモダンな雰囲気を出すために施設内の内装などに観葉植物を取り入れるというケースが非常に多いです。では、具体的にどういった植物が使用されているのでしょうか。場所別にご紹介していきたいと思います。

横浜市のオフィスエリアで人気の観葉植物レンタル

横浜には、多くの高層ビルがオフィスとして使われています。一流企業も多くあり、日産自動車やJVCケンウッド、コカ・コーラなど幅広いジャンルの企業が横浜を拠点としています。また、レンタルオフィスなどは最近のトレンドで、個室ブースや小部屋などを貸し出すと言ったサービスも展開されています。レンタルオフィスを使用するのは起業家や新興企業などですが、大企業だけではなく、これからのスタートアップ企業にとっても横浜は魅力のある職場となっていると言えると思います。

そんな魅力ある横浜のオフィスにおいては、グリーンを意識したオフィスづくりが盛んに行われています。横浜には比較的新しく建設されるビルも多いので、グリーンを活用した最新のインテリアやレイアウトなどが採用されており、従業員に対する心配りがされているオフィスが多いという要因も一つと言えるでしょう。また、なぜグリーンが意識されるかというと、グリーンには会社に務める人たちにとっても非常に良い効果を与えるということが理解されてきているからです。リフレッシュ効果はもちろんのことですが、リフレッシュすることによるストレスの低減や、保湿効果による喉への乾燥負担軽減など体感的にもグリーンの恩恵を感じられることは多くあるでしょう。

また、横浜のような都会では通勤時の満員電車によるストレスや、遅くまでの残業などをしている人も多くいるため、会社に出勤したときにグリーンによって少しでもリフレッシュが出来るのであれば会社にいる居心地も少し良くなっているのではないでしょうか。

具体的なグリーンレンタルされている人気の観葉植物ですが、パキラやウンベラータといったスタンダードな植物や、つる系のフィロデンドロンやモンステラ、マングーカズラ、ほんのり香りのするウンベラータや穏やかな葉色を持つベンガレンシスなどその種類は様々です。

観葉植物はワンポイントのインテリアとして活用されることもありますが、緑のパーティションとしての使い方もあります。緑のパーティションを作るときは、あまり色々な品種を使いすぎるのではなく、1つの品種に限定して等間隔で並べるのがポイントです。また、横長のプランターを使って植物を並べるのも効果的ですよ。

また、会社で働く場合においては自分のデスクスペースも重要な場所です。せっかくの個人スペースが整理されていないのは、あまりよい環境とは言えないでしょう。実はデスクの上も、観葉植物をワンポイントのインテリアとして置くのは良い効果もあります。前述したように観葉植物ならではのリフレッシュ効果が期待できるのに加え、デスクの上に観葉植物があることで、自然とデスク綺麗にしておかないと、という気持ちも生まれてくるからです。各人のデスクが整理整頓されることでフロア全体の雰囲気も非常に良いものとなるでしょう。デスクの上に置く観葉植物としては、比較的小ぶりなサンスベリアやアロエなどの観葉植物が人気です。

横浜市の病院・クリニックで人気の観葉植物レンタル

横浜には病院やクリニックが多くありますが、ここにも観葉植物を設置しようというニーズがあります。病院やクリニックに観葉植物を置く理由としてはやはり環境面に良い面があるという理由からです。そのうち、人にもたらす効果として期待されているのが、ストレス軽減効果です。病院に来ている人は、体に不調をきたしている場合がほとんどだと思いますので、気分としては良い状態ではないでしょう。観葉植物には、不調状態にある精神や気持ちを落ち着かせる、血圧を下げるといった効果があります。そういった良い効果が、更に気分を上げていくという好循環が起こるという結果も実証されてきています。

また、院内の環境にも観葉植物はよい効果をもたらします。それが、空気清浄効果です。観葉植物には、湿度を調整する効果があるので病院のようななかなか全面的に空気交換を出来ない場所や、菌などがある場所にでは環境面からも有用です。

また、観葉植物が育つと蔦などが伸びてしまい、その処理が厄介ではないかと考える人もいるかも知れませんが、観葉植物は育ちすぎることもありません。足が不自由な人なども行き来をする場所である病院において、観葉植物の葉が落ちている、通路の邪魔をしている、といった場合は患者さんの転倒に繋がってしまう恐れなどもありますが、その心配は観葉植物においてはないと言えるでしょう。

横浜市のホテルで人気の観葉植物レンタル

横浜はその観光資源の魅力から多くの観光客が訪れる場所でもあります。オシャレな飲食店や商業施設もありますし、一流ホテルやビジネスホテルも多くあります。

ホテルにとってはお客さんに満足してもらうことが何よりですし、お客さんにとって心地よい空間でありたいと考えていることでしょう。よって、ホテルは内装にこだわっているところが多くありますし、インテリアにもこだわりがあります。

実は、そんなこだわりのあるインテリアの一部として観葉植物はホテルの雰囲気を決定づける要素の一つにもなり得ます。なぜなら、観葉植物の種類によってはスタイリッシュな空間にも、南国感のある空間にも、モダンな空間にも変化をつけることが出来るからです。よって、観葉植物をホテルに置く際はホテルのコンセプトを大事にする必要があります。例えばリゾートホテルには南国感のあるヤシ系の植物が似合います。特にアレカヤシなどは葉っぱを広げて雄大な雰囲気を醸し出しますので、お客さんにも喜ばれることでしょう。また、モダンなホテルであれば、バッサイアやドラセナなど落ち着きのある植物がホテルの雰囲気にマッチすることでしょう。バッサイアはインテリアのアクセントとして使いやすい品種ですが、鉢選びも重要です。黒か茶色などのシンプルな鉢にしておくと、モダンな雰囲気にピッタリと合うことでしょう。

横浜市の大型商業施設で人気の観葉植物レンタル

横浜には多くの観光客が訪れますが、横浜を訪れる理由の一つに挙げられるのが、豊富な商業施設が多くあるからです。横浜ベイクォーターやみなとみらいにある商業施設などでは、アメリカンテイストのあるグリーンが設置されているのをところどころで見かけることがあります。一般的に、商業施設であれば、商業施設内にあるテナント内に観葉植物が置かれることが多いのですが、横浜のような大型商業施設では、エントランスに大型の観葉植物を入れたり、待ち合わせ場所などに観葉植物を並べグリーンオアシスを作ったりと、商業施設ごとに色々の工夫がされ、空間づくりが行われています。

また、横浜ならではの特徴としては、海に近いことにあります。商業施設の中には、テラスなどを提供して、海に近いことを活かしたカリフォルニアスタイルのディスプレイや、マニラパーム、アガペ、コルジリネ、トックリヤシなどを使った南国感ある演出をするケースが多くあります。ただし、海に近いぶん、植物を育てるのは少し難しくなります。特に海に近い場所では風も強く、台風などが来ると枯れてしまう懸念がある場合や、塩害で葉っぱが弱ってしまう場合もあります。よって、比較的頑丈なオリーブなどの植物を選ぶことも横浜における植物選びの大事な要素の一つと言えるでしょう。

また、室内では、スタイリッシュな空間演出を目指すショップでは、ブラッサイアやシェフレラなどがレンタルされるケースが多いようです。また、少し珍しい品種であるパンダガジュマルやパキラグラブラなどをディスプレイして他のショップとの差別化を行おうとするショップも増えてきています。

横浜市の介護施設やショールームで人気の観葉植物レンタル

横浜には介護施設や住宅展示場などショールームも数多くあります。これらの施設においては、商業施設のように珍しい品種などを設置することは少なく、ベンガレンシスやオーガスタと言った比較的スタンダードな植物が好まれる傾向にあります。この理由としては、やはり介護施設や住宅展示場などは落ち着きや安心感が必要である場所だということがあります。ある意味無難な植物を置いておくことでお客さんにとってもリフレッシュできる空間になっていると言えるでしょう。

また、ブランディング要素が必要なカーディーラーなどでは、室内に置く植物を一つの植物で統一するなどして全体としてのコーディネートをしているケースや、家族向けに楽しんでもらおうという意図でソングオブジャマイカやカポックなど異なる形をした植物を配置するケースなど、それぞれオーナーの志向などで人気がある観葉植物は変わってきています。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

横浜エリアでのレンタルのサービス対象エリア

the prime gardenの横浜でのグリーンレンタルサービス提供エリア

全エリア

横浜でグリーンレンタルが人気のエリア

横浜駅周辺エリアでの観葉植物レンタル

横浜駅は横浜市内最大のターミナル駅であり、多くの人が行き交う場所でもあります。そんな横浜駅周辺エリアはオフィスビルやデパートなど大型商業施設も多く、大型の施設であればあるほど、観葉植物を使った空間づくりが行われています。

  • 昔からの店舗が多くある横浜駅西口の地下街の区域。それぞれのショップが個々のショップの個性や雰囲気に合わせた大小様々の観葉植物を設置しています。
  • 横浜駅東口にある横浜ポルタなどデパート、および新しく開発されたショッピングセンター、横浜ベイクォーターなどのウォーターフロントがある区域。場所柄、海を意識した屋外向けの植物などのレンタル需要が多い場所です。
  • 日産のグローバル本社、野村総合研究所、アクセンチュア、富士ゼロックスなど大手企業や横浜三井ビルディング、横浜市庁舎、ザ・タワー横浜北仲などの大規模ビルがある区域。
  • 横浜イングリッシュガーデンや東京ディスプレイミュージアムなど植物が多くある区域。

横浜みなとみら21エリアでの観葉植物レンタル

横浜みなとみらい21エリアは、近未来的な雰囲気を持ったエリアで、植物を使っていない施設ないといっても過言ではないほど植物が設置されている場所が多いエリアで、各施設の空間づくりの演出としてグリーンレンタルが盛んに行われているエリアです。

  • マリン アンド ウォーク 横浜などのショッピングエリア。ショッピングエリアでは、テーマや雰囲気を統一するため室内や屋外に植物などで一貫性をもたせ、空間の調和を取っているところが多くあります。
  • 横浜ランドマークタワー、クイーンズタワーなどの高層ビルがある区域。オフィスエリアにおいては、多くのオフィスでグリーンレンタルを活用した環境改善への取り組みが行われています。

関内・馬車道・伊勢崎町・桜木町・野毛エリアでの観葉植物レンタル

関内・馬車道・伊勢崎町・桜木町・野毛エリアは以前より観葉植物が多く設置されているエリアです。

  • 小規模~中規模のオフィスが多くある関内から桜木町にかけての区域
  • 小規模のレストランなどでは観葉植物を複数設置してインテリアのアクセントにするケースが多くあります。また、単純に観葉植物を置くだけではなく、吊り鉢などを利用してオリジナリティを出す店も多くあります。

元町・中華街エリアでの観葉植物レンタル

元町・中華街エリアはショップの多い元町や中華街にある飲食店エリアなど、多くのお店が軒を連ねるエリアです。

  • 元町ショッピングストリートなどにある多くのショップがある区域。これらの場所では、グリーンレンタルの歴史も長く、シッサスシュガーバインなどで欧州的なイメージ作りをしたり、シュロチクなどで和風テイストの雰囲気を出したりと、オーナーやお店の個性に応じたレンタル需要が多くあります
  • 中華街にある飲食店やお土産屋などがある区域。幸福の木であるマッサングアナやユッカ、パキラなどが好まれています。

新横浜エリアでの観葉植物レンタル

新横浜エリアは新幹線が停車する新横浜駅を中心としたホテルや商業施設が多くあるエリアです。

  • ビジネスマンや観光客が訪れるプリンスホテルなどの大型ホテルがある区域
  • 新横浜ランクラクトや日産スタジアム、キュービックプラザ新横浜や横浜アリーナなど多くの商業施設がある区域
  • 大型オフィスビルやモデルルームなどがある新横浜駅周辺の区域。特に駅周辺は景観を意識したグリーンレンタルが行われています。

観葉植物レンタルのプランと料金CTA

横浜エリアで植物のレンタルが多い施設

横浜は、比較的グリーンレンタルの認知度も高く一般的な企業は当然ながら、外資系企業、ベンチャー企業、研究施設など様々な場所で植物が活用されています。また、オフィスビルだけではなく、大型の商業施設、飲食店、病院やショールームまで幅広い施設で植物が設置されているのが特徴です。

これらの施設でグリーンレンタルが広く使われるようになっている背景には、東京都内などと同様に、横浜においても会社勤めの人や観光客などの人の出入りが多く、サービス提供者側である施設側としては、他施設との差別化を図っていかないと容易にはサービス提供を続けることが出来ないという点が一つあると言えそうです。競争が激しく起こっている横浜においては、どのような場所においても、お店のテイストに合わせてお客さんにとって居心地のよい空間を作る必要があり、その空間づくりに一役買うのが観葉植物であるという意識が幅広く根付いていると言えます。

また、観葉植物の管理が容易ではなく、果たして本業の仕事の合間をみて観葉植物を育てていくことが出来るかという点は誰もが不安なところです。その点グリーンレンタルサービスであれば、レンタル業者に観葉植物の管理をしてもらえることに加えて、観葉植物が枯れてしまった場合は入れ替えが出来る、季節やイベント毎によって観葉植物を春っぽいものにしたり、秋っぽいものにしたりといったコーディネートが出来るといった利便性も横浜においては幅広く知られています。特に、横浜にはパシフィコ横浜や横浜みなとみらいホールなど展示会やイベントが盛んに行われる場所があり、それら施設ではイベントが行われる期間のみグリーンレンタルサービスを使用するなど、スポット期間での需要も多くあります。

 

観葉植物レンタルの見積もりCTA

横浜市での観葉植物レンタルのまとめ

ここでは、横浜におけるグリーンレンタルが活用されているエリアや、人気のある植物について、ご紹介をしました。

横浜は、特にみなとみらいエリアなどを中心として街全体としてスタイリッシュな雰囲気が漂っている街で、空間づくりや街の景観などにも重きを置いている場所です。そういった特有の意識もあり、他地域や他施設との差別化を実施するためにグリーンレンタルの活用が活発な地域の一つとなっていると言えるでしょう。

また、横浜に限らず都会全般において、人手不足といった問題も現在は顕在化してきています。いくら雰囲気作りを大事にしている横浜においても、観葉植物を育てる余力をもたない企業やお店にとって観葉植物を設置するのはコスト面などでリスクがあります。そういった事情から気軽に観葉植物をレンタルすることが出来る、グリーンレンタルサービスの人気に火がついているとも言えます。

観葉植物を自分で育てることは難しいが、観葉植物をおいて自分好みの空間づくりをしたいという方には是非グリーンレンタルサービスを利用することをおすすめします。